ベルベッティーンドリームその後

KUSHIDAと抗争していた辺りが
最後の出演になった。
(他サイトこの記事

こんばんは、ヤマガタです。

ベルベッティーンドリームが解雇されました(他サイトこの記事)。

その後、ふたつの大きな動きがありました。


1.内部告発


内部告発と言ったらズレますけど、Coworkerってヤツですね、WWEの同僚のひとりが、ベルベッティーンドリームの態度の悪さを指摘しました。

告発したひとは、ロブシャンベルガー(Rob Schamberger)というWWEのデザイナーです。英語では、artistっていわれてます。

マーチャンダイズ(WWEのキャラグッズ)をデザインしているひとだとおもいます。

こんな風に↓言いました。

次以上、言うことはないよ。

ベルベッティーンドリームは、WWEで仕事をしたなかで一番プロ意識が欠けていた。

リリースが、彼にとってのWakeUpCall(目覚まし)になればいいとおもうがね。

もっと気持ちを入れた仕事の仕方をしないと、よりよい人間にはなれない。

以上だ。

Without saying anything further: He was the single most unprofessional person I’ve encountered in this business. I hope this is the wake up call he needs to start doing the emotional work to become a better person. All told.

参考:Rob Schamberger ツイッター

参考:WWE Artist On Velveteen Dream: “Most Unprofessional Person I’ve Encountered”


2.ベルベッティーンドリームのコメント


それに対して、昨日(2021/5/24)ですね。

ツイッターを消したベルベッティーンドリームが、インスタグラムのなんかでコメントを発しました。

参考:ベルベッティーンドリームのインスタのなんか

コピペできないようになっているのですが↑・・・

WrestlingObserverのまとめに従って、ちょっと要点まとめてみましょう。

① リリースの直接の原因は、セクシャルアリゲーション(いわゆるセクハラ)。

② ひとりは、Josh Fuller(男)。

③ もうひとりは、Jacob Schmidt(男)。

・・・というワケで、WWEでのあのキャラは素だったみたいです。

ベルベッティーンドリームはリアルゲイようです。いや、LGBT花盛りの現代において、そのこと自体は、まあ、いいでしょう。

・・・・・

ただ、Wikipedia(英語)によると、ベルベッティーンドリームは、未成年の男の子と女の子に、不適切なフォト(写真)を送った、と言われています。

いずれにせよ、セクシャルハラスメント系ですね。

そして、Rob Schambergerの非難(さっきのツイッター)は、完全ムシです。

・・・・・・

セクシャルハラスメントだったら、どうだろう・・・AEW行きは、なさそう、かな。あそこコンプライアンス(法令順守というかっ企業倫理的なもの)にうるさいですからね。

どうなるのでしょうか。

とりあえず、ベルベッティーンドリームの動きは、これでひと段落ついています。

WWEからの正式な発表は、まだ、ありません。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m