WindowsDefenderがあるからといってMcAfeeは消しちゃダメ!

こんばんは、伊田です。

JCOM(J:COM←これ、検索バーに入れられないんですよね)だと、セキュリティーソフトでマカフィー(McAfee)を使っているとおもいます。

私なんて、以前マカフィーをタダでJ:COMからもらえるのに、ウイルスバスターをわざわざ年5,000円で購入する・・・ということを5年くらいやってた苦い経験があります。


・WindowsDefender


さて、月イチのWindowsアップデートをくり返したりしていると、目につくようになるのが、WindowsDefender(ウィンドウズディフェンダー)です。

ウイルスバスターの苦い経験があるひとでも、ないひとでも・・・

Q. マカフィー(McAfee)と、ウィンドウズディフェンダー(WindowsDefender)って、ブツかってんじゃね~の?

・・・と、おもいますよね。


・実際、削除してしまったひとも居る


実際、McAfeeとWindowsDefenderは重複だとおもい、削除しているひともいます。

マカフィーからWindows Defenderへ

けっこうTEC(NOLOGY)系のブログで、2020/9/3の記事です。

おいおい、大丈夫かよ・・・とおもうのは、それ(マカフィー削除)は、やってはいけないことだからです。


・J:COMサポートさんのお答え


McAfeeの無料配布元である、J:COMさんに問い合わせたところ、以下の回答を頂きました。

J:COMサポート「McAfeeありきの、WindowsDefenderです。」

J:COMサポート「WindowsDefenderは、McAfeeをサポートするような、二重構造でのセキュリティーとなっていますので、McAfeeは決して削除しないで下さい。」

・・・というわけです。

なので、ウィンドウズディフェンダー(WindowsDefender)があるからといって、マカフィー(McAfee)は消してはなりません。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m