2021年度版サイト引っ越し手順(WordPress)

フレンドサーバーから転出しました。

こんばんは、編集長です。

本サイト(アングラ~)がサーバー引っ越ししなければならなくなった経緯を、前記事に書きました。

今回は、不安いっぱいのサーバー引っ越しの手順、それを説明してみたいとおもいます。


1.旧サイトでAll-in-One WP Migrationインストール


まず、最初にやることは、そこから引っ越す元サイト(旧サイト)で、引っ越しプラグインの定番、All-in-One WP Migrationをインストールすることです。

このプラグインの使用法は、下記記事が神がかってわかりやすかったです。

参考:【WordPress】サイトを丸ごと移行(引越し)するプラグイン「All-in-One WP Migration」


2.エクスポート


上記記事にしたがって、旧サイト(元サイト)から、ファイルをエクスポートしてしまいましょう。

ドキュメントっぽい白いファイルがダウンロードされるとおもいます。

それを「ダウンロード」のところに、そのまま放置してください。そうしたほうが、後でみつけやすいはずです。


3.新サーバ契約


次に、目星をつけていた新サーバ契約をしてください。

ネームサーバー変更は、この時点では、まだしません。


4.他社ドメインを移管せずに利用する


本サイト(アングラ~)は、Xserverドメインで独自ドメインを取得し、フレンドサーバーで運用していました(この記事)。

この際、Xserverドメインで取得した独自ドメイン自体は、移管しません。

そして、ドメインだけ、引っ越し先のレンタルサーバー会社で利用だけできるようにします。


5.WordPressインストール


新しいレンタルサーバー先で、ドメインを利用できるようにしたら(繰り返しますが移管するのではありません)・・・

そのドメインにWordPressをインストールします。


6.ここでネームサーバー変更


ここで、ネームサーバーを変更します(この記事参照)。

そうすることによって、WordPress管理画面が、旧サーバーから、新サーバーに移行します。

この記事↓で書かれているようなことはしなくていいワケです。

参考:【WordPress】UpdraftPlusプラグインで安全かつ簡単にサーバー移転をする方法

hostsファイルを書き換え、新サーバーにアクセスできるようにするという項目ですね。

そんなめんどくせ~ことしね~よ、というのが答えです。

この手の話は、コードみたいの持ちだしたりして来たら撤退(サイトを去る)のが鉄則です。


7.新規管理画面に


ネームサーバーを変えることによって、引っ越し先(新サーバー)でのWordPress管理画面に入れるようになります。

中身は、もちろん空っぽです。


8.インポート


空っぽの新規WordPress管理画面で、まず、All-in-One WP Migrationを再度インストールします(別サイトに変わったわけですから、当然です)。

そして上記2でエクスポートしていたファイルを、インポートするわけですが・・・

ここにAll-in-One WP Migration独自のワナがあります。

容量5MBとか50MBという制限があるのです。

私が詰まったのがここでした。

次の記事で克服方法を説明します。

つづきます。