フィンバラーがSmackDownに復帰(2021/7/16 SmackDown)

というよりも、
サミゼインが
いい仕事した。
(出典:WWE)

こんにちは、ヤマガタです。

まともに追おうとすると、情報過多になるのがWWEなんですが・・・

ちょっとフィンバラーの話(サプライズリターンしたんですよ)が過剰になったので、ここに分けて書きます。


・サミゼイン


これするの、
大変だぞ~・・・。

全員主役だと、ショーって上手くいかないじゃないですか。

いい感じで脇を固めるひとが必要なわけで、そういう役目として、サミゼインは、いい仕事してました。

こんなマイク↓です(上掲画像)。

(サミゼインひとりで出てくる)

サミゼイン「やあ、みんな。」

サミゼイン「WWEはマネーインザバンクで、おれをラダーマッチから外した。」

サミゼイン「ここ数年・・・おれに対する陰謀説が目に余るものになっている。」

サミゼイン「だからこそ、いま叫ぼう。」

サミゼイン「正義を!」

サミゼイン「おれをラダーマッチに加える正義を!」

サミゼイン「・・・てか、ブリーフケース、いますぐ下に降ろして、おれにくれ。」

・・・これ↑ひとりで出て行って、1万人くらいの観客の前でやって、盛り上げて来い、って言われたら、血の気引きますよね。

あ、ちなみに今回のライブオーディエンス初興行、トヨタセンターの入りは、14,496人だったそうです。

番組中、マイケルコールが言ってました。


・フィンバラー登場


こっちは
出てくれば
いいだけだからさ。

フィンバラーのサプライズが観客に知られないまま、それなりに不穏な空気をつくりあげたサミゼインは、素晴らしかったです。

・・・で、観客が謎に包まれたマックスの状態で、フィンバラーがサプライズ登場しました。

SmackDown所属みたいです(上掲画像)。

NXTがUSA(←放送局)で放送開始になってから、ですから2019年10月以来の登場です。

で、なんじゃコラ!みたいに襲いかかって来たサミゼインを交わして、Coup de Graceして帰ってゆきました。

二枚目フィンバラーは楽ですよ。

やっぱり、サミゼインの仕事が出色。

・・・こうなると・・・やっぱり、NXTはしばらくキャリオンクロスでやってくんですかね?

よくわかりません。

とにかく、サミゼインはいいね、という話でした。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m