紫雷イオとケイリーレイなど(2022/2/15 VengenceDay)

ちょこっと出演
(出典:WWE)

こんにちは、ヤマガタです。

2022/2/15, TV特番として、NXT2.oVengenceDayが放送されました。

特に、なにが、という放送でもなかったです。

(以下、画像出典はWWEです。)


・ケイリーレイとのタッグ


JacketTimeを下したMSKを下し、
クリードブラザーズが、
そのまま男子トーナメントを制した。

ダスティンやらダスティやら、ややこしいローデス家ですが・・・

ダスティローデス(DustY Rhodes)ですね・・・その名を冠したタッグトーナメントが行われていて、先に男子トーナメントが行われ・・・

その決勝が今回のVengenceDayで行われました。

優勝したのは、DiamondMineのクリードブラザーズでした(上掲画像)。

つづけて今度は女子トーナメントが開催されます。

ゾイスタークを失った紫雷イオは、先週のアングルを受け継ぎ、ケイリーレイとのタッグ結成が、ほぼ確実となりました。

こんなバックステージセグメントでした↓

ケイリーレイがバットでテーブルの上にある食器類を打ち砕いている(バットはケイリーレイのギミックの一部になっている)。

それを紫雷イオがみている。

ケイリーレイ「やる?」

紫雷イオ「やらん。」

ケイリーレイ「でもToxicAttractionのやつらと戦うのに気合い入れないと!」

紫雷イオ「わ~った、わ~った・・・(みんな英語)」

イオ師範が食器類をバットで打ち砕く。

そこに世話役ゾイスタークが出てくる。

ゾイスターク「なにやってんの?部屋が散らかっているじゃない!」

紫雷イオ「ははははは。」

イオ師範がゾイスタークの手にあったカップを取りあげ、それも割ってしまう。

紫雷イオ「彼女(ケイリーレイ)いいね!」

ゾイスタークは、まあいいか、みたいなリアクション。

おしまい。

・・・というわけで、これでタッグ結成、ということになるんでしょう。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m