PRIDEが八百長だったころ①:TheOutsiderをみて

マークコールマン vs. 高田延彦
(出典:PRIDE5

こんばんは、山田です。

MMA(総合格闘技)の世界は、真剣勝負の世界だと考えられています。

しかし、ショービジネスであることを公言する場合もあります(RIZINの榊原 信行(さかきばら のぶゆき)氏など)。


・熊澤伸哉 vs. 啓之輔


いや、なんか妙に、
不自然にレフェリーストップ。

最近、私がこれ八百長じゃねーの?とおもったのは、熊澤伸哉 vs. 啓之輔でした。

まあ結構、昔・・・2014年9月7日の試合みたいですが・・・。

流れとしては、TheOutsider(母体はリングス)が、人気者(吉永)啓之輔に復活してほしかった。

熊澤伸哉、ってYouTubeチャンネルもっているバリバリのプロ格闘家(不良ではない)なんですけど・・・

現在、絶賛!ゆっくり武術解説ちゃんねると格闘中!(もう終ったの?)

-熊澤 伸哉- Sinya Kumazawa

vs.

ゆっくり武術解説ちゃんねる

・・・私には、どうみても(吉永)啓之輔に負けるタイプにはみえませんでした。

それが、なんか、ものすごく負け犬みたいな負け方しています(上掲画像)。

これ、不自然じゃないか?

そんな風におもって、MMAの八百長について調べ始めたのが、本記事執筆の動機です。


・マークコールマン vs. 高田延彦


PRIDE5で、
高田延彦との八百長戦を
引き受けた、
マークコールマン(Mark Coleman)は、
初代UFCヘビー級王者。
(参考:List of UFC champions

で、本題です。

PRIDEで、高田延彦がヒクソングレイシーに負けた、ってのは日本のMMAの歴史で有名な話です。

PRIDE1PRIDE4ですね。

参考:PRIDEの大会一覧(Wikipedia)

PRIDE4(1998年10月11日)まで、PRIDE自体、思いつきみたいに開催されるイベントでした。

なので、高田がヒクソンに勝つかどうか・・・というのは、PRIDEをビジネスとして軌道にのせる瀬戸際だったわけですよ。

そこで、高田が負けた。

これは、マズイ。

そこでPRIDEが動きます。

ようするに八百長ですね。

ちなみに、現在RIZINのCEO(実行委員長)の榊原 信行(さかきばら のぶゆき)は、PRIDE1からかかわっています。

参考:榊原信行(Wikipedia)

つづきます。