Pitbull vs. McKee(Bellator 263)

どうせウチは、つまんないですよ
イジけるUFC・・・。

こんばんは、ヤマガタです。

ベラトール263のつづきです。

MMA(総合格闘技)の場合、あんまり団体間の競争みたいなの取り沙汰されないんですけど・・・

今回(2021/7/31)は露骨に、UFCとBellatorぶつかっちゃいましたよね。

UFCのホールとストリックランドは、別にタイトルマッチでもなかったし・・・

ストリックランドは、これが初メイン。

というわけで、今回はベラトールの大勝、といった興行でした。


・ピットブル vs. マッキー


会見は荒れた。

ベラトールのメインは、世紀の一戦ともいえるピットブル vs. マッキーでした。

ピットブル(Patrício “Pitbull” Freire) は、フィリピン人にみえますけど、ブラジル人です。

生粋のベラトールっ子。

二階級王者(フェザーとライト級)。

でも身長168cmってのが、Bellatorの実力かな。168cmでは、フェザーもライト級も、UFCでは取れないとおもう。

で、相手は、A・J・マッキー(AJ McKee)。

こちらも、生粋のベラトールっ子。178cmで、こっちの方がフェザー級に相応しい。

18連勝中。


・マッキーが勝った


ここで勝負が決まった。
→ラッシュ(左右のパンチ)
→ギロチンチョーク

試合は1Rで、AJマッキーが勝ちました。

試合開始2分経過くらいで、突然うごきます(上掲画像)。

そのまま、ラッシュ→ギロチンチョークで、マッキーの勝ち。

身長差があるので、ギロチンチョークは予想できましたが・・・

・・・左ハイかな(上掲画像)。

いずれにせよ、身長差があるから、立ち技では圧倒的に、ピットブル不利ですよ。

ピットブルは、ライト級(フェザーよりも体格上)も落とすと思います。

マッキーは本勝利で、オレがフェザー世界ナンバーワンだ、と言っていましたが・・・

参考:22 years in the making, champion A.J. McKee challenges any featherweight on earth at Bellator 263

UFCは、こんなもんじゃないよ・・・。

興行的にはベラトールは、さほどUFCとの差はないんですが、やっぱり、ちょっとレベルの違いを感じました。

いずれにせよ、動きを見守りましょう。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m