Usman vs. Covington 2 (UFC 268)

カマルウスマン(Kamaru Usman)
ナイジェリア出身, 34歳
ブラジリアン柔術? レスリング?
ウェルター級チャンピオン
身長183cm, 体重77kg
いつも試合前に力士みたいな格好して

ダランと腕を下げる。
vs.
コービーコビントン(Colby Covington)
アメリカ出身, 33歳
レスリング(バックフィストよくする)
ウエルター級 1 位
身長180cm, 体重77kg
(出典:UFC)

こんばんは、山田です。

UFC268, マディソンスクエアガーデン(キャパ20,000人)興行です。

まあ当然、満員でしょうね。

(以下、画像出典はUFCです。)


・カマルウスマン


マスヴィダル(Jorge Masvidal)が、
ブ―ッとツバ吐いてぶっ倒れた
みたひとも多いとおもいます。
UFC261(2021/4/24)、
結構最近の出来事。

カマルウスマン(Kamaru Usman)・・・UFCのスーパースターですね。

ウェルター級チャンピオンとして油の乗り切ったチャンピオンです。

たぶんPoundForPound#1でしょう。

ジェイクポールとCelebrityBoxingしたタイロンウッドリー(Tyron Woodley)を下し、ウェルター級チャンピオンとなりまりました(2019/3/1, UFC235)。

直近ではマスビダルに豪快な右ストレートを撃ち抜いたことで、また名をあげました(上掲画像)。

今回、UFC245(2019/12/14)に王座戦で退けたコービーコビントン(Colby Covington)を再び迎え撃ちます。


・動きはないが非常にレベルの高い試合だった


ウスマンの右ボディーで
顔を歪めるコービーコビントン。

結果は5分5Rやって決着つかず、判定(ユナニマス=審判みんなカマルウスマンを支持)でカマルウスマンが勝ちました。

互角・・・としか言いようのない試合でした。

1Rに、カマルウスマンの頭がヘッドバッドのかたちでコービーコビントンに入ってしまい、それでコービーコビントンが右額下あたりから出血します。

それがずっと続いてましたね。

ただ、アメリカントップチームの最新の技術(だとおもう、最近流行の左右スイッチなど)を駆使するコービーコビントンに対し・・・

ずっと右利き構えでプレッシャーをかけていたのは、カマルウスマンでした。

横綱相撲という感じ。

印象的には、終始プレッシャーをかけていたのはカマルウスマンなので・・・

まあヒット回数が判定ではモノをいうんでしょうが、私の目には、雰囲気的にはカマルウスマンが優勢な試合にみえました。

というわけで、カマルウスマンが勝利、ウェルター級チャンピオン保持です。

かなり強いですね。

獰猛というより洗練されている感じ。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m