弟パトリシオじゃなくて兄パトリッキーがライト級王者に(Bellator 270)

パトリッキーピットブル(Patricky “Pitbull” Freire)
あのノゲイラ(たぶん)のチームに所属
身長170cm, 体重70kg
ライト級1位
ブラジル
vs.
ピータークエリー(Peter Queally)
2021年5月7日, Bellator258で
パトリッキーに一度勝っている。
身長178cm, 体重70kg
(結構サイトによってまばら)
ライト級4位
アイルランド
空位のライト級王座戦
(ピットブル兄弟の弟パトリシオが空位にした)
出典:Bellator

こんにちは、山田です。

この前AJマッキーに負けたパトリシオ(Patrício “Pitbull” Freire), 35歳ー1987年生まれーは弟です。

今回、兄のパトリッキーピットブル(Patricky “Pitbull” Freire), 35歳ー1986年生まれーが出陣しました。

(以下、画像出典はBellatorです。)


・アイポーク Eye Poke


2R直後、
クエリ―のアイポーク(事故目突き)が、
パトリッキーの左目に入ってしまう。

ライト級というと、UFCではマクレガーのいる黄金階級なので・・・

到底、今回のBellatorはガクンとレベルが落ちるのは否定できません。

それでもいい試合でした。

クエリ―はマクレガーと同じくアイルランド出身なので、会場の盛り上がり方が尋常ではありませんでした。

あ、言い忘れましたが、会場はアイルランド、ダブリンの3Arena(キャパ13,000人)だったんですよ。まあ、満員でしたが。

ぜんっぜんマスクしてませんでしたね。


・パトリッキーが勝った


あしたのジョーか!
ってくらいに
きれいに入った
クロスカウンター。
→このままラッシュでTKO
(でもジョーは、
肘で相手のストレート上げる
サウスポーと右利き
みたいな感じでしたよね)

試合はスタンディングでした。

なんか、グラウンドやる気ない、みたいなくらいスタンディング。

クエリ―は独特で、亀のように顔面をガードで固めながらローをします。

パトリッキーはパンチ。

上掲画像の前に示した通り、2Rのはじめに、クエリ―が目突きEyePokeをしてしまいます。

それで試合が中断。

会場の熱量が発散されたところで再開。

その直後、上掲画像のカウンターが決まってしまいます。

これでTKO。

アイルランドのひとたち、ブチ切れてましたね・・・。

どんな風に報道されるんだろう。

パトリッキーは生きて会場を出れたのだろうか。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m