Cheick Kongo vs. Sergei Kharitonov(2021/8/20 Bellator 265)

ベラトールのヘビー級戦線
(出典:Bellator)

こんばんは、山田です。

ベラトール・・・私、マウロラナーロがアナウンサーやっているんで好きなんですよね。

UFCではヘビー級戦線が、シリルガンフランシスガヌーで盛り上がって来ました。

では、ベラトールはどうなんでしょう。

現在、ヘビー級王者は・・・

王者はライアンベーダ―(Ryan Bader)らしいんだけど、彼は今、ライトヘビー級1位で、そっちに忙しいから、暫定王者として、ワレンティンモルダフスキー(Valentin Moldavsky)を立てている。

参考:https://www.bellator.com/ranking

参考:Bellator MMA(Wikipedia)

・・・だそうです。

で、今回戦ったのが、チックコンゴ(Cheick Kongo:ヘビー級3位)と・・・

・・・セルゲイケリトノフ(Sergei Kharitonov:ヘビー級ランク外)でした。

ケリトノフは、PRIDEとか、日本でもいろいろ参戦したみたい。

覚えてないですが。

参考:セルゲイ・ハリトーノフ(日本語Wikipedia)

本サイトでは、英語読みで、ケリトノフって言ってます。


・どんな試合だった?


こんな感じで、
チックコンゴが、
ハリトーノフ(ケリトノフ)が
圧力かけてくると、

ちょこちょことパンチを合せる。
次第にハリトーノフの顔が
腫れあがってくる。

UFCのシリルガン vs. デリックルイスみたいな試合を期待していたのですが、数段レベルが下でした。

チックコンゴは、ムエタイのバックグラウンドなので、ハリトーノフ(ケリトノフ)の足をローで崩す・・・みたいにおもったのですが・・・

・・・実際にやったのは、カウンター系のジャブでした(上掲画像)。

むしろ蹴っていたのは、ボクシングバックグラウンドのあるハリトーノフ(ケリトノフ)の方でしたね。

1Rを見る限り、完全にハリトーノフ(ケリトノフ)。

アイポーク(Eye Poke=目つき)って、いまMMAですごく問題になっているんですけれども(ヴォルコフ vs ガン参照)・・・

それでチックコンゴの根性が折れてしまい・・・

なんか、もうダメ!ダメ!・・・みたいにハリトーノフ(ケリトノフ)から逃げ回って、1Rが終了します。

なんだこれ?とおもってみてたのですが、マウロラナーロは熱く実況。


・なんじゃこりゃ?


2R終了と同時にタップアウト。
タップの方が「前だった」
という判定で、
ハリトーノフ(ケリトノフ)の
ギブアップ負け。

試合は、トロトロやってたんですが、オッサン体形のハリトーノフ(ケリトノフ)が、2Rでガス切れ起こします。

チックコンゴのニー(ヒザ)!ニー!という感じでムエタイラッシュ。

最後は、ドテッ!という感じで、ハリトーノフ(ケリトノフ)がマウントを許し・・・

・・・もう少し耐えれば2R終了だったのに、タップアウトして負け(上掲画像)。

こりゃセコンドが無能のひと言ですね。

マウロラナーロは、この醜態を隠すべく、いつものマンマミーア!を連発してましたが・・・

は?みたいな感じでした。

これじゃあ、UFCに追いつけないよ。

ざんねん。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m