Gaethje vs. Chandler (UFC 268)

ジャスティンゲージ(Justin Gaethje)
アメリカ出身, レスリング
身長180cm, 体重70kg
ライト級 2 位, 32歳
vs.
マイケルチャンドラー(Michael Chandler)
アメリカ出身, レスリング
身長173cm, 体重70kg
ライト級 5 位, 35歳
(出典:UFC)

こんばんは、山田です。

UFC268のつづきです。

(以下、画像出典はUFC)


・ジャスティンゲイジー


チャンドラーは、すさまじい選手。
ブンブン丸。
めちゃくちゃゲイジーに
クリティカルヒットはあったが、

ゲイジー倒れない!
この画像にある右ローが、
次第にチャンドラーから
機動力を奪って行った。

ジャスティンゲイジー(Justin Gaethje)といえば、コロナ禍のUFCライト級を引っぱった立役者です。

暫定王者 vs. トニー・ファーガソン(Tony Ferguson)

ハビブヌルマゴメドフ(Khabib Nurmagomedov)最後の相手

・・・それにしても、ハビブは恐ろしく強かったね。

関係ないけど、今回のUFC268では、マネルケイプに敗れた、オーデオズボーンも出ていました。

PRERIM(前座)だったんですけど、また相手に軽量オーバーされ、キャッチウェイトでやってました。

でも今回は勝っていました↓

Catchweight (127.4 lb)

Ode’ Osbourne
def.(~に勝つ)
CJ Vergara

Decision (unanimous) (29–28, 29–28, 29–28)

・・・ってことは、マネルケイプの次の試合も、そろそろかな?


・ゲイジーが勝った


ゲイジーが再三狙っていたアッパーが、
2Rにチャンドラーのアゴを捉える!
→チャンドラーダウン!
→そのまま決着か?とおもったが・・・
→なんと、ここからチャンドラー復帰する。

上掲画像のダウンがなければゲイジー不利だったかもしれません。

そのくらいチャンドラーの攻撃がすさまじい試合でした。

会場は盛り上がりまくりでした。

ものすごい中身の濃い3R=15分でした。

試合結果は、上掲画像のダウン(ボクシングなので試合は止まらない)を奪ったゲイジーが・・・

からくもチャンドラーに判定勝利を得ました(ユナニマス)。

ゲイジーのテクニカル勝利、という感じかな。

UFCで最も層の厚いとおもわれる(ハビブ止めたけど)ライト級は、こうしてゲイジーが一歩先にすすみました。

マイケルチャンドラーもすごいいい選手だね。

173cm(フェザー、いやバンタムでやる身長)で、よくやるよ。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m