フランシスガヌー vs. シリルガン(UFC 270)

フランシスガヌー(Francis Ngannou).
ヘビー級王者.
ボクシングから総合格闘技に(この記事).
身長193cm, 体重117kg.
カメルーン出身, 35歳.
vs.
シリルガン(Ciryl Gane)
ヘビー級暫定王者として1位(この記事).
身長193cm, 体重112kg.
フランス出身, 31歳.

こんにちは、山田です。

UFC 270のつづきです。

世紀の一戦、ガヌーvs.ガン(ガーン)ですね。

(以下、画像出典はUFCです。)

シリルガン(ガーン)の復習↓

アレクサンダーヴォルコフ vs. シリルガン(2021/6/26 UFC ON ESPN+)

Lewis vs. Gane(UFC 265)

フランシスガヌーの復習↓

ミオシッチ vs. ガヌー(UFC260)

シリルガンに勝ってほしかったんですが・・・


・寝技が決め手だった


ガンを強引に
テイクダウンにもってゆく
ガヌー!

ぶっちゃけ盛り上がっていたのは、セミファイナルのフライ級タイトルマッチのほうでした。

理由は、そっち(フライ級タイトルマッチ)のほうが、観客の応援する相手が明確だった(モレノ側のメキシコ人、フィゲイレイド側のブラジル人が一杯いた)からですね。

それに対し、シリルガンはフランスだし、フランシスガヌーはカメルーンということで・・・

いまいち直接感情移入できる観客が少なかったのが、いまひとつ盛り上がりに欠けた原因になってしまいました。

でも本能的に”見てはいけないもの”を見ている感じは、ヒシヒシと伝わってくる試合でした。

突破口は意外なことに寝技でした(上掲画像)。

1R:ガヌーが”圧”をかけて間合いをつめてくる。

2R:ガンが距離をとってガヌーのケガしている(と解説されていた)ヒザを、ローキックでコツコツ攻める。

3R:試合がうごく。ガヌーが寝技を仕掛ける(上掲画像)。

そのまま5R判定へ・・・

・・・という感じでした。

シリルガンは、なんか、UFCでテイクダウンを取られたのは初めてみたいで・・・

・・・あきらかに3R終了後、フランシスガヌーの寝技とパウンドを交わした後・・・

表情がガラリと変わっていました。

まあ、この怪物(フランシスガヌー)相手に5Rまで戦った・・・ということ自体が常人離れしているようにもみえます。

ガヌーはどの辺で覚醒したんですかね。

過去にデリックルイスとかに判定で負けているんですが・・・(UFC 226判定)。

再戦は、あるのかな?ガンとの・・・

たぶん、フランスで開催すれば盛り上がるとおもうのですが、コロナ禍の現在だとむずかしそうですね。

とにかく、フランシスガヌーの強さが際立った試合で、ユナニマス(審判一致)でフランシスガヌーが判定勝利をあげました。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m