モレノ vs. フィゲイレド(UFC 270)

ブランドンモレノ(Brandon Moreno)
フライ級王者, メキシコ出身,
ブラジリアン柔術黒帯,
身長170cm, 体重57kg, 28歳.
グレーのトランクスのほう。
vs.
デイベサンフィゲイレド(Deiveson Figueiredo)
フライ級1位, ブラジル出身,
ブラジリアン柔術黒帯,
身長165cm, 体重56.5kg 34歳.
黄色いトランクスのほう。

こんにちは、山田です。

待望のUFC270です。ガヌー vs. ガンですね。

会場はカリフォルニア州、アナハイム市、Honda Centerキャパ18,000人くらい。

完全に満員でした。

すんごい歓声でした。

この日(2022/1/22)はダブルタイトルマッチで、フライ級バウトも行われました。

或る意味、堀口恭司を代表にして、日本人が一番、UFCに食い込める階級だと言えます。

そのレベルをみてみましょう。

(以下、画像出典はUFCです。)


・すごい試合だった


フィゲイレドのカーフキック(ふくらはぎへのロー)
が序盤にちょこちょこ決まり、
モレノの体勢が崩れた。
ちょっど、堀口恭司 vs. 朝倉海のときみたいな感じ。

これがFightOfTheNightだったでしょう。

もんのすごい盛り上がりました。

いや~速い!速い!!

なんか2倍速でみているような試合でした。

空手キッドみたいなブランドンモレノが独特の動きで(試合中に肩をすくめたりする)、いい雰囲気をつくります。

フィゲイレドも笑顔で答えるような感じでした。

いわゆるトリロジー(ふたりの3戦目)みたいですね。

なので、たがいに勝手知ったる相手・・・みたいな感じで場を盛り上げてました。

モレノはTJディレショーみたいなチャンピオンでした。

5R終了まであっという間でしたが・・・

・・・序盤にモレノが体勢崩されることが多くて(上掲画像)・・・

・・・それはモレノ自身が勢いあまって、という感じもあったのですが、なんかダウン取られたみたいな風にもみえたため・・・

あとフィゲイレドのほうが有効打で勝っていたため(トップ画像)・・・

判定ユナニマス(審判全員一致)で、フィゲイレドが勝利しました。

UFCのフライ級、もっとも軽い級なんですけど、非常にレベル高いですね。

ONEChampionshipが世界で一番軽量級のレベル高いって自負しているんですけど・・・そうでもないかな。

そうおもいました。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m