ウォーカー vs. ヒル(UFC Fight Night 201)

ジョニーウォーカー(Johnny Walker),、
ブラジル出身, ブラジリアン柔術.
身長198cm, 体重93kg, 29歳.
ライトヘビー級10位.
vs.
ジャマールヒル(Jamahal Hill)
アメリカ出身, ブラジリアン柔術.
身長193cm, 体重93kg, 30歳.
ライトヘビー級12位.
(出典:UFC)

こんばんは、山田です。

MMAJunkieで、これはすごかった・・・と最近言われたのが・・・

ライトヘビー級、ジョニーウォーカーの試合です↓

MMA Junkie’s Knockout of the Month for February: Jamahal Hill crushes Johnny Walker

ジョニーウォーカー、負けちゃったんですがKOで、しかも写真が、なんかもう死んでいるんじゃないか、ってレベルなんですよ。

早速、みてみましょう。

・・・あ、試合は、2022年2月19日に開催されました。

FightNightで下位放送なので、いつものUFC APEX(ほぼ無観客)ですね。

(以下、画像出典はUFCです。)


・1R 3:55でパンチKO


テンプル
(temple=こめかみ)!!

背丈の違いもあってか、
ジャマールヒルの右クロスカウンター気味のフックが、
ちょうどジョニーウォーカーのこめかみを
頭頂部に向けて
なぞるようにこすっていった。
→ジョニーウォーカーは棒のようになって、
そのまま後ろに倒れた。

ジョニーウォーカー・・・ティエゴサントスとやったときは、こんなもんじゃないだろう、って期待していたのですが・・・負けました・・・。

いま確かめたのですが、ジャマールヒルの方が勝つとおもっているひとの多いオッズ(-225)でしたね。

試合は、ティエゴサントスのときより、ジョニーウォーカーがリラックスしていました。

勝てるときの彼(ジョニーウォーカー)のように、ちょっと図に乗った雰囲気のある動きにもみえました。

キック中心ですね(ジョニーウォーカーが)。

しかし、1Rの2分半くらいのところで、その”調子に乗っている”ジョニーウォーカーに、ジャマールヒルが、ポンポンとストレートを入れます。

これ、効いたみたいでしたね。

がぜん、ジョニーウォーカーが、グラップリングに見せかけ、ジャマールヒルにクリンチして回復しようとします。

しかし、上掲画像のとおり・・・。

バツーン!というようなクロスカウンターでは、ありませんでした。

ズゾッ!って感じで、テンプルをなぞって、そのままジョニーウォーカーが棒状に倒れます(上掲画像)。

素人目には、これで決まったのが信じられないような終り方でした。

途中からの流れをみると(途中ですでにジョニーウォーカーはパンチが効いていた)、これはラッキーパンチでの勝利、という感じではありませんでした。

ライトヘビー級、大番狂わせではありませんが、地殻変動です。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m