トニーカーンがROHのオーナーになる(2022/3/2 Dynamite)

Daily’s Placeってのは
コロナ禍でAEWが根城にした会場
キャパ5500人です。
結構オープンエアの会場で、
そんなに大きい、という印象はありません。
(出典:AEW)

こんにちは、ヤマガタです。

AEWは、あいかわらずサプライズ病なんですが・・・

今回もトニーカーンが、サプライズを持ちかけていました。

目的は、コーディ離脱で停滞した雰囲気、そしてWWEのレッスルマニア一色になるメディアを、なんとかAEW側に向けたい、というおもいがあるからでしょうね。

恐れていた内部崩壊も表面化してしまったわけですから(コーディ離脱のこと)。

(以下、画像出典はAEWです。)


・衝撃の(?)発表


”オレ、ROHのオーナーになっちゃったよ!”
とトニーカーンが言っているところ。

期待された「衝撃の」発表は、Dynamite開始と同時に発表されました。

トニーシバーニが、上司のトニーカンを迎え入れます。

トニーカーン「やあやあ、みんな!歴史的な発表の場面に参加してくれて、ありがとう!!」

トニーカーン7年前!ROHという団体をTVでみて(←たぶんROHへの改名とシンカラグループへの移行のことを言っているんだとおもう)、オレは大ファンになった!」

観客「ワー!ワー!!」

トニーカーン「それが、なんてことだ!」

トニーカーン「本日をもって、オレは、そのオーナーになっちまった!」

・・・というわけでした。


・吸収合併ではない


クインマケイ(Quinn McKay)は、
めでたく、
NXT:LevelUpに、
転職先をみつけた、
って報道されてます。
(参考:Former ROH talent Quinn McKay joins
WWE at NXT: Level Up taping)

・・・というわけで、トニーカーンが、また浪費癖を発症した、というのがサプライズの正体でした。

まあ、ROHが去年(2021年)12月をもって活動休止したとき・・・

・・・もうみないだろうな、っておもったひとがほとんどだったとおもいます。

たしかにメディアでは最近、今年(2022年)4月に?復活する、という宣伝がなされていましたが・・・まあ、予定は未定、という印象でした。

そこをトニーカンがオーナーになって継続する、ってことでしょうね。

ROH消滅ではないです。

た、ぶ、ん、実質的にAEWの二軍みたいな位置づけになるんじゃないかな。

そうすると、ImpactWrestlingとの蜜月はどうなるんだろう・・・など、たいして興味のわかない疑問は生じますね。

結局、ImpactWrestlingでトニーカーンとトニーシバーニがImpactWrestlingでやっていたのっとりアングルは、皮肉なことに、ROHで実現したかたちになります。

とりあえず、そんなところです。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m