朝倉未来 vs. クレベルコイケ(2021/6/13 RIZIN.28)

ここで行かなかったのが敗因らしい。
(出典:RIZIN)

こんばんは、ヤマガタです。

周辺知識埋めながらノロノロやってましが・・・

ようやくRIZINです。

先々月になっちゃいましたが、朝倉未来が、クレベルコイケ(Kleber Koike)に負けましたね。

2R開始早々、三角締めで落とされました。

失神KO。


・前田日明の分析


TheOutsiderが、
なんかRIZINの登竜門みたいになっているけど、
両団体の関係って、
どうなってんの?

私は、いまようやく朝倉未来 vs.クレベルコイケ見たんですが・・・

なぜか前田日明(←これも結構変換泣かせな名前だね・・・)の解説は、先にみてました(上掲画像)。

前田日明「朝倉未来は、カネ持ったから死にに行くような勝負できなくなった。」

・・・という解説も、あったんですが・・・

具体的には、トップ画像のシーンが試合の分かれ目だ、と解説していました。

1R中盤(3分ちょっと経過)で、朝倉未来が、クレベルコイケの柔術アリ地獄を抜けだした直後ですね・・・。


・トライフォース赤坂


クレベルコイケの三角締め
→失神。

前田日明とは違う意味で、私は、朝倉未来は、もうこれ以上ねらっていないんじゃないか、とおもっています。

つまり、堀口恭司とかと、志が全然ちがう・・・とおもってます。

問題は、トライフォース赤坂ですね・・・

トライフォース赤坂

もう、要するに↑ここでカネ儲け始めちゃっているんですよ・・・。

オーナー堀鉄平って・・・。


・禅道会


私が、今回、クレベルコイケに朝倉未来が負けたの見たとき、もった感想は、あ~やっぱり禅道会だもんな~・・・というものでした。

禅道会ってのは、大道塾系の空手団体です。

朝倉兄弟は、トライフォース赤坂(みょうに言うの恥ずかしいんですが・・・)に移籍する前、そこ(禅道会)で修業していました。

禅道会(Wikipedia)

ただ、禅道会は、トライフォース赤坂より硬派な団体です。

で、その禅道会と同じ系統の大道塾ってのは、空手に”柔道を”取り入れた団体で・・・

寝技はするんですが、腕ひしぎ逆十字くらいしかねらいに行きません。

あと、背負投げとか。

だから、ブラジリアン柔術とは、ぜんぜん違うわけですね。

そういうわけで、柔術系のクレベルコイケとの対戦で寝技に入ったとき、朝倉未来は、全然対処できていないようにみえました。

パウンドするわけでもない・・・

で、トライフォース赤坂が柔術系だとちょっこっと知ったので・・・

・・・ああ、ちゃんと習いに行ってるんだな、とおもったら・・・・仲良しこよしのスポーツジムでした・・・(上掲リンク参照)。

ああ、朝倉未来は、もう第二の人生かんがえているんだな。

うえ(UFCとかBellatorとか)は考えてないんだな・・・

・・・と悟りました。

こういう人々のなかでやっている堀口恭司は、どういう気持ちなんだろう・・・とおもいました。

もういいかな。

ちょっと朝倉兄弟は、追う気になれないです。

あとひとつ気になっているのは、シバターは、朝倉兄弟にワザと負けたんじゃないか、ってことですね。

シバター100kgちかくあるでしょ・・・。

あのひとの試合、いろいろ見てますが強いですよ。

時間あったら、調べてみたいとおもいます。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m