Dana White Contender Series(2021/8/31 S5 E1)

契約を勝ち取った
AJフレッチャー
AJ Fletcher
24歳。
8戦無敗。
ダスティンポリエも推薦。
(出典:UFC)

こんばんは、山田です。

UFCの選手って、どこからやってくるのでしょうか。

ふたつソースがあって、ひとつはThe Ultimate Fighter, もうひとつが今回ご紹介するDana White’s Contenders Seriesです。


・説明


契約を勝ち取れなかった
レオナルドダミアニ
Leonardo Damiani
イタリア人。
10戦8勝。
31歳。

The Ultimate Fighterは、コーチと共に合宿して強くなってゆこう、というドキュメンタリー番組です。

参考:The Ultimate Fighter(Wikipedia英語)

いわゆるリアリティーショーですね。

いまはESPN+で放送中。

TUFの愛称で知られています。

Dana White’s Contender Seriesも、UFC Fight Passから ESPN+に移動しました。

参考: Dana White’s Contender Series(Wikipedia英語)

今回みるのは、こっち(Dana White’s Contender Series)です。


・早速見てみましょう


1R 2:24
フレッチャーのフライングニーが
ダミアニの顔面を捉えた
→レフェリーストップ。

では、実際にContender Seriesみてみまよう。

TUF(TheUltimateFighter)と違い、淡々と選手が登場します。

戦績をみればわかるとおり、すでに強いです。

ただ、UFCと契約していない、というだけ。

で、私が見たのは第一戦でしたが・・・

べつに契約のとれなかったダミア二が劣ったファイターだったというわけではなく・・・

結果論として、フレッチャーが、ダナホワイトに印象付ける勝ち方をした(上掲画像)・・・

ということになります(試合を別室でダナホワイトがみている)。

AJフレッチャーは、タックル×2で、ダミア二の意識を下に向けさせておいて・・・

一気にフライングニーで、相手を倒しました(上掲画像)。

そんな感じです。

というか、元から、ふたりとも強い。

ちなみに今回の結果は、以下のとおり↓

1.Light Heavyweight:Azamat Murzakanov def. Matheus Scheffel
TKO (punches)


2.Featherweight:Joanderson Brito def. Diego Lopes
Technical Decision (unanimous) (29–28, 29–28, 29–28)

3.Flyweight:Victor Altamirano def. Carlos Candelario
Decision (split) (29–28, 28–29, 29–28)


4.Welterweight:AJ Fletcher def. Leonardo Damiani
KO (flying knee)

緑の選手がUFCと契約しました。

負けた選手(Carlos Candelario)でも契約できるんですね。

・・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m