澤田龍人 vs. Gustavo Balart(Battleground)

これをみて、
まずおもうことは、
やはり、
ちいさい、
ということ。
(出典:One Champpionship)

こんにちは、ヤマガタです。

現地時間2021/7/30、Singapore Indoor Stadiumで無観客の形で、ONE Championship: Battlegroundが開催されました。

Battleground 1~3まである連続興行のひとつめです。

日本からは、修斗の澤田龍人(Ryuto Sawada)が参戦しました。

参考:Oneでの澤田の紹介ページ

参考:修斗での澤田の紹介ページ


・Oneの存在意義


荒れた試合展開だった。
バラートのローブローが、
澤田に入りまくった(2回はあった)。

澤田龍人は、グスタボバラート(Gustavo Balart)というキューバ人でした。

ブンブン丸的な選手ですね。筋骨隆々。

おふたりには失礼を承知で言いますけど、小さいです。

澤田龍人が155cmで、グスタボバラートが150cmです。

階級はストロー級(52~57kg)。

この階級は、UFCにはありません。女子のみ。

参考:Strawweight (MMA) Wikipedia英語

デカ人間しかいない欧米からみれば、ドワーフファイトなんて揶揄されてましたが・・・

Daniel Q
Didn’t know dwarf fights were allowed in ONE championship. Good job being open to everyone.

・・・この↑発言は非常に失礼ですよね。

ドワーフファイトとは?→YouTube検索結果参照

もしかしたら、ドワーフファイトという名前とジャンル自体が差別的かもしれません。

それは置くにしても・・・

私は、Oneの存在意義は、ここら辺にあるとおもいます。

つまり、小さいひとたちに、世界レベルの競技機会をあたえるところにある。


・負けた


試合は、ローブローもあったんですが、終始重戦車のような攻撃をしたクスタボバラートが、判定で勝ちました(ユナニマス=審判全員一致の判定)。

澤田龍人は残念でしたが、ひきつづきがんばってほしいです。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m