RAWが「大人向けコンテンツ(TV-14)」化するもよう

現在はTV-PGV.
これは、
「Violence(暴力)に関して
中程度の(moderate)表現があり、
その点において両親の注意が必要」
という意味。
(出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

なかなか視聴率の上がらないRAWですが・・・

参考:RAW, SmackDown, AEW, Impact, ROH の視聴者数

放送元のUSAネットワークが、大きく舵を取り始めたようです。

参考:WWE Raw TV-14 rating on USA Network not finalized
The program has been rated TV-PG since 2008.


・レーティング


コンテンツレーティングとは、ゲームとかの18禁と同じ話だとおもってください。

参考:TV Parental Guidelines(Wikipedia英語)

現在、RAWはトップ画像のとおりTV-PGです。SmackDownもTV-PGです。

ただRAWに関していえば、Attitude Eraというゲスイ時期があって、TV-14にレーティングを上げた時期がありました↓

参考:PG Era(Wikipedia英語)

参考:Attitude Era(Wikipedia英語)

それがMondayNightWars(WCWとの視聴率合戦)の切り札になったわけですね。

今回、それと同じ対策がRAWに取られようとしています。


・TV-PGとTV-14の違い


TV-PGTV-14のレーティングの違いは、以下のように説明できます。

TV-PG:日本でいう小学生に適さないコンテンツ。ちょっとでも暴力、暴言、性表現がみられる。すこし古いですが、志村けんのバカ殿様みたいな感じだとおもいます。

TV-14:日本でいう中学生なら許されるようなコンテンツ。結構、頻繁に暴力、暴言、性表現がみられる。まあ、日本のテレビで放送される程度の内容なら、ほぼ全部、ここを上限として納まるでしょう。

TV-14は地上波の限界、みたいな意味だとおもいます。

この上に、TV-MAというのがあって、これはもう◎×▽♥♥♥🏩💋💯みたいな感じでしょう。

このTV-14にRAWが方向性を変える・・・というのが今回の話の核心になります。

どうなるんでしょうか。

注目しましょう。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m