CMパンクがAEW王者に!(2022/5/29 Double or Nothing)

これで
KENTA vs. CMパンク
は実現しないかな・・・。
(出典:AEW)

こんにちは、ヤマガタです。

現地時間2022/5/29(日)、AEWの前期最大興行Double or Nothingが、ネバダ州Tモバイルアリーナ(キャパ2万人)で開催されましたね。

満員だったとおもいます。

Tモバイルアリーナって、いつもUFCが興行するところなんですけど、こんなに広かったんだ・・・という印象でした。

メインは、CMパンク vs. 王者ハングマンペイジでした。

ハングマンペイジが王者になったのは去年の11月↓

参考:ハングマンペイジがAEW王者に!(2021/11/13 Full Gear)

長期政権を築いていたケニーオメガが、もうカラダが限界で・・・ってことで、中継地点として王者継承した、というのが実際のところです。

正直、影は薄かったかな。

なにやってたか、まったく記憶にないです(というか見ていなかった)。

(以下、画像出典はAEWです。)


・CMパンクが勝った


ハングマンペイジのBuckshot Lariat
CMパンクがスルリと交わして、
GoToSleep !!
→フォール。

たぶん、観客はハングマンペイジ防衛を期待していたんじゃないかな・・・

まあベタベタの予想通りCMパンクが戴冠したんですが(上掲画像)・・・

これだとハングマンペイジがつなぎ役だった、ってのが、なおのこと露呈してしまうんですよね。

CMパンクはベルトなんかもってなくても人気あるから、もっと溜めて溜めて・・・で短期政権で十分だとおもう。

試合開始直後こそ盛り上がりましたが、試合結果には会場はシラケていました。

AEWのベルトが一番似合うのはジョンモクスリーでしょう。

・・・OwenHartトーナメントってのが同時進行でおこわれていて・・・

今回Double or Nothingで、アダムコールが優勝しました。

な~~~んか、似た者同士のマイク番長、という試合ですが、CMパンクの次の挑戦者は、アダムコールになるでしょう。

そのまえにForbidden Doorかな(2022/6/26)。

まあ、いまいち海外でありがたみがわかられていないオカダカズチカを、CMパンクにぶつけて一気に知名度をあげる、というのは大賛成です。

いずれにせよ、これでTwitterでしきりにGoToSleep合戦をアピールしていたKENTAと、CMパンクの線は消えましたね。

Forbidden Doorなにが一番盛り上がるだろう・・・

内藤哲也あたりを、うまく海外に認知させる試合を組んでほしいとおもう。

・・・怪我、してないですよね?(内藤哲也・・・)

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m