TheJudgementDay vs. AJ, フィンバラー, リブモーガン(2022/6/5 Hell In A Cell)

最後リアリプリーが、
フィンバラーの
Coup de Grâceを妨害した。
(出典:WWE)

こんにちは、ヤマガタです。

ジャッジメントデイ・・・エッジの一味(ユニット)なんですけど・・・

今日(現地時間2022/6/6)、RAWで大きな動きがあったみたいですね。

参考:フィンバラーのヒールターン(2022/6/6 RAW)

まずは、Hell In A Cellでの動きをみてみましょう。

(以下、画像出典はWWEです。)


・フィンバラーはHIACの時点では異変なし


リアリプリーに妨害された
フィンバラーは
エッジにCoup de Grâceを交わされ、
エッジのスピアに沈んだ。
=AJ組の負け。

フィンバラーは↓このときからAJスタイルズの仲間になってます。

参考:AJスタイルズにフィンバラーが合流(2022/5/2 RAW)

結構この↑直前まではリリース寸前みたいな扱いだったんですよ。なので、AJスタイルズとWWE版バレット倶楽部でもやるのか、と期待されていたんですが・・・

リブモーガンは↓ここらあたりからリアリプリーと確執があったのがわかります。

参考:復帰初戦6-womanタッグマッチ(2022/5/2 RAW)

・・・というわけで、エッジのジャッジメントデイ(リアリプリー&ダミアンプリースト) vs. AJスタイルズ組(フィンバラー&リブモーガン)の6-wo/man mixed tag matchでした。

ちなみに、AJスタイルズとエッジの抗争は↓レッスルマニア以来つづいているようです。

参考:AJスタイルズ vs. エッジ(2022/4/3 WrestleMania 38)

これ↑AJスタイルズが顔切ったのパイロン(花火)のせいじゃなくて、出て来る途中セットに顔ぶつけただけなんだって(ソース忘れた)。

んで、そんな面倒くさい6-wo/man mixed tag matchですが、最後、フィンバラーについて不穏な動きがあって終わりました。

フィンバラーについては下記2点ですね。

✔ デーモンキングではなかった。

✔ 本試合内でジャッジメントデイに興味を示してはいなかった。

んで、フィンバラーが仕留められてAJ組が負けました。

試合自体も結構評価は高いものでしたが、今回は割愛。

・・・では、RAWでの変化に向かいましょう↓

参考:フィンバラーのヒールターン(2022/6/6 RAW)

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m