コーディ vs. セスロリンズ(2022/6/5 Hell In A Cell)

右胸筋腱断裂(torn right pectoral tendon)
ようするに
右胸筋が骨と接合している部分(腱)が
ブチンと切れた、ということ。
(出典:WWE)

こんにちは、ヤマガタです。

現地時間2022/6/5(日)、シカゴの Allstate Arena(キャパ18,000人くらい)でHell In A Cellが開催されました。

Sold Outと言われてましたが、まあ、15,000人くらいじゃないかな。

追記:12,834人だったみたいです。

この前のDouble or Nothingが、14,459人でしたから、これで興行面的にはAEWは既にWWEに匹敵している、といえることになります。・・・ただ、AEWのDouble or Nothingは、WWEでいう四大大会のような位置づけにある、とかんがえれば(WWEは四大大会で30,000人~レッスルマニア級だと80,000人近く集めるので)まだまだ、ともいえます。

メインは、コーデローデス vs. セスロリンズのトリロジー(trilogy三部作)でした。

・・・ただ、大会直前に飛び込んで来たのがコーディが、どうやらケガしたらしい、ということでした。

参考:Cody Rhodes suffers torn pec, still expected for WWE Hell in a Cell

どうやらウエイトトレーニング中に負傷したようです。

んで、メディア間ではさまざまな憶測が飛び交っていましたが・・・

フタを開ければ、トップ画像のとおり、隠しようのないドス黒い内出血・・・。

そのままコーディは試合にのぞみました。

(以下、画像出典はWWEです。)


・コーディが勝った


とにかく終始痛そうなコーディ。

どうみても尋常じゃないコンディションのまま試合はつづきます。

皮肉なことに、それが本試合への興味をかきたてるものになってました。

コーディカッターやっても、クロスローズやっても、コーディは死にそうな顔してます。

セスロリンズは、おもいきり竹刀(ケンドースティック)でコーディの患部をグリグリしたりします。

Hell In A Cellマッチなので基本的に、なにしてもOKでした。

コーディは基本、左利きで戦い、決め所で右腕を使う、みたいな感じでした。

最後は、凶器のハンマーでセスロリンズを殴り、スリーカウント。

コーディの勝利でした。

・・・さて、これでコーディローデスは負傷休暇入らざるを得ないでしょう。

せっかく、いい雰囲気でWWEのトップスターになっていたのだが・・・

・・・これで消えるか?

復帰後もファンの熱は冷めていないか?

本人が一番気にしているでしょうね。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m