ブロックレスナー vs. ロマンレインズ(2022/7/30 SummerSlam)

レスナーがブルドーザーで
(アナウンサーはテンパってトラクターとか言っていた)
ロマンレインズごとリングをひっくり返しているところ。
(出典:WWE)
【英語だとtractorでいいみたい】

こんにちは、ヤマガタです。

SummerSlamのつづきです。

参考:【8/1更新×1】サマースラム結果速報(2022/7/30 SummerSlam)

今日更新で2回目になりますね。

今回は、メインのブロックレスナーvs.ロマンレインズをみてみたいとおもいます。

これは・・・ブロックレスナーのベストバウトですね。

新境地を開いたと言ってもいいかも知れない。

(以下、画像出典はWWEです。)


・「ブロックレスナーの」試合


(オースティン)セオリーの
キャッシュインもあった。
試合最終版あたり。
結果的に、
レスナーに蹴散らされ、
不発に終わった。

とにかくブロックレスナーが素晴らしかったですね。

トップ画像のブルドーザー(ショベルカーはもっと掻きだす”手”が小さいですよね)で入場して来たんですけど・・・

それを試合のあいま、あいまに、観客に怪我させないように動かして試合のムードを盛り上げて行く知能というか・・・頭の回転のよさにシビれました。

いつのまに重機免許とったんですかね・・・

① 入場時、曲がりくねった道をショベルカーで入場。

② 試合中、ロマンレインズをブルドーザーの口に棺桶方式で放り込み、リングに投げ入れる。

③ しまいにはブルドーザーで、リングごとロマンレインズひっくり返そうとする(トップ画像の角度で止めた)。

どれも、ともすれば大怪我につながる動きなので(リングのロープが鋼鉄なのはよく知られています)・・・

これらを、あれだけ激しい動きをしながら、そつなく全部こなしたレスナーに拍手です。

【追記 2022/8/2】

実際、ひどくヒヤヒヤするものだったみたいです↓

参考:Rumor Roundup (Aug. 2, 2022): Sasha & Naomi return, Rousey turn, Ciampa push, more!


・ロマンレインズが勝った


試合が終ったところ。
何回倒してもレスナーが
起き上がってくるので、
ジ・ウーソーズも参加して、
ブロックレスナーの上に、
ありったけのガラクタを積み重ねた。

試合は、LastManStandingMatchという形式で、スリーカウントとか全然なくて、とにかく相手を10カウントダウンさせればよい、というものでした。

23分ほどの試合だったんですけど、面白かったので全部みましたね。

前の画像のとおり、脇役ですが(オースティン)セオリーのキャッシュインもありました。

ジ・ウーソーズの介入もありました。

ポールヘイマンも机にF5されてました(レスナーに)。

全部ひっくるめて、非常にレベルの高い試合でしたね。

WWEでロマンレインズでなければ、★5の試合ですが、評価的には、そこまで行かないでしょう。

でも内容的には、オカダカズチカ vs. ケニーオメガなんかより、ずっと質の高いものでした。


・レスナー引退か?


レスナーは、
こういったMMAの動きもできる。
引き出しは本来、
はるかに多いはず。

素晴らしい試合で、最後は、ロマンレインズがジ・ウーソーズの助けを借りて、文字どおり、レスナーを”廃棄し(というかガラクタの山に埋め)”、勝利をあげました。

ファンとして不安なのは(はいはい、ダジャレですね)、本試合後、レスナーが観客に笑顔で挨拶していた、ということです(当然PPV放送内には含まれない)。

参考:Rumor Killer On Brock Lesnar Retiring From WWE

これを受けて、ブロックレスナーは、これがWWEのお別れマッチだったんじゃないか、という憶測が飛び交いました。

・・・いまのところ、引き止められている、とかんがえられています。

最近ビンスマクマホンが引退したときに、発作的にブロックレスナーも居なくなった、というのは大々的に報道されたところです↓

参考:ブロックレスナーに不穏な動き(2022/7/22 SmackDown)

どうなるのでしょうか。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m