リブモーガン vs. ロンダラウジー(2022/7/2 MoneyInTheBank)

① ロンダラウジーがナタリアに、
腕ひしぎ十字固め(アームバー)で、
タップアウトを奪い勝利。
(出典:WWE)

こんにちは、ヤマガタです。

ノロノロですみませんがMoneyInTheBankのリキャップ(まとめ)です。

リブモーガンが謎の大プッシュを受けたPPVでした。

参考:リブモーガンが女子ラダーマッチ勝利(2022/7/2 MoneyInTheBank)

リブモーガンのスペック↓

Liv Morgan(Wikipedia英語)

年齢 28歳

身長 160cm

体重   45kg

出身 アメリカ(ニュージャージー州)

注目 ボー・ダラスの彼女。ほぼ妻。田舎で不動産ビジネス。

・・・なんもグッとくるところのないタレントなんですが・・・

まあ大きさが潰しが効く(ASUKAとかと試合しても噛み合う)、くらいかなあ・・・

WWEが市場リサーチしたら、こういった等身大の女の子みたいなレスラーに需要がある、と踏んだのかも知れません。

(以下、画像出典はWWEです。)


・ロンダラウジーに勝利=SmackDown女子王者戴冠


② 12分ほどのナタリアとの死闘(トップ画像)
を制したロンダラウジーに対し、
直後にキャッシュイン。
ロンダラウジーの執拗なアンクルロックを
かいくぐり、丸め込みで勝利。
キャッシュインしてから1分以内の出来事だった。

・・・まあ、脚光を浴びていなかった脇役が突然スターになる、というのはPPVとしては盛り上がるものです。

そういった意味で、今回のリブモーガンの戴冠は、イマイチ方向性のわからないロンダラウジー vs. ナタリア戦に弾みをつける意味では、よいアングルでした。

会場は非常に盛り上がっていましたね。

ロンダラウジーは、相変わらず求心力ないね。

あと、やっぱりWWEの女子部門はシャーロットでもっている気はする。たぶん、いま子作り中だとおもうが。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m