ルセフ(ミロ)その後(2021/5/28 Dynamite)

AEW入ってからは、
このキャメルクラッチの
フィニッシャー、
Game Over
って呼んでいるみたい。
WWE時代は、
アコラーデ(the Accolade)。

こんばんは、ヤマガタです。

あっ、そういえば、あのひともいるんだ・・・あのひともいるんだ・・・ってのが、最近、AEWみて、誰もがおもうことだとおもいます。

ただ、ミロ(ルセフ※)は、ちょっと役者が違う、って話です。

ルセフがAEWに移籍してミロになったのは、他サイトですが、この記事に書いてあります。

ちなみに、やっていることはルセフDAYです。


・TNTチャンピオン


相手のダンテマルティン。
どうみても、
ルセフの相手にはならない。

ルセフ(ミロ)は、AEWで、TNTチャンピオンになりました。

つい最近のことです。

TNTチャンピオンってのは、AEWで二番目に偉いベルトですね。

私は、ジョンモクスリーとルセフで、AEWのトップ戦線やらせるのが、一番引き締まるとおもうんですが・・・

・・・それだと、やっぱりWWEのお下がりになっちゃうんですよね。

でも、やっぱり役者が違いすぎるんですよね。ジョンモクスリーとルセフ。

ケニーオメガの影が薄くなるくらいです。

AEWに今、求められているのは、途中からでも入り込みやすいアングルなんですが、いま、ちょっと取っ散らかっちゃってます。

いろいろユニット分けて抗争させてますけど、WWEが、あれだけ複雑な抗争させているわけですから・・・

・・・それにプラスでAEWのユニット押えるほど、視聴者は暇じゃないでしょう。


・ランスアーチャーとDouble or Nothing


奥にいるのがランスアーチャー。

そんなルセフ(ミロ)ですが、明日のDouble or Nothingでは、ランスアーチャーと試合します。

実力的には拮抗してますが、ちょっと怪物対決でエレガントさがない、といえばそこまでです・・・。

でも、コーディだと役不足(このひとは、エグゼクティブ=管理職しか合わない)。

ただ、まあ、試合見てみたいとおもいます。

ちなみに、今回、ダンテマルティンとルセフ(ミロ)の試合は、なかったことにしてください、くらいの話でした。

ルセフも、ダンテマルティン引きたててましたが、ちょっと、あり得ないかな。実力が違いすぎる。

キャメルクラッチ(Game Over)で終り(トップ画像)。

ルセフの抗争相手、クリスチャンぶつけるには、時間なさ過ぎたんですかね・・・。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m