志田光王座陥落(2021/5/30 Double or Nothing)

Dr. Britt Baker, D.M.D.
手袋付けると、
なんか強くなるみたい。
(出典:AEW)

こんにちは、ヤマガタです。

373日と長期政権を築いていた、志田光ですが、今回、残念ながら王座陥落しました。


・どんな試合だった?


the Lockjaw!!
サブミッションしながら、
相手の口に、
手袋付けた手を突っ込む。

本試合は、メディア間でも注目されていました。

ドクターブリットベイカー・・・なんか、前のNo.1コンテンダーマッチで、すんごい流血してみせたんですよね。

私はノーマークだったのですが(というかAEWに興味がなかった)、そこらあたりから、ブリットベイカーの評価がうなぎ登りになりました。

実際、自己プロモが非常にうまい選手で、観客にD.M.D!!を言わせるところまで持って行きます。

このD.M.D.ってのは、Doctor of Medicine in Dentistry という意味で、ブリットベイカーは、実際に歯医者さんの免許もっているみたいです。

これだけ、ドギついキャラですから、女子部門まかせるには充分・・・

・・・というわけで、今回、志田光と王座交代、となりました。

志田光は・・・正直、ASUKAや紫雷イオと比べると、やはり技術力がないのが否めません。

みてくれから、もっと空手の蹴りみたいなのバンバンする選手だとおもたったんですけど、そんなにキレないんですよね。

・・・というわけで、ギミック以上に歯医者であるブリットベイカーが、歯医者さんらしいフィニッシャーで、志田光を下しました(上掲画像)。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m