今週のアンチAEW(あのディスカバリーチャンネルの日陰産業になるか?)

出典:この記事

こんにちは、同志のみなさん。ヤマガタです。AEWが嫌いすぎて、新日本プロレスも嫌いになったヤマガタです。

参考:新日本プロレスとAEW協業 Forbidden Door 開催発表(2022/4/20 Dynamite)

現在の新日本プロレスの社長(名前忘れた)、流れを読みそこなっているようにみえます・・・。ロサンゼルス道場と、NewJapanStrongで引き下がれなくなったんでしょうね・・・。いまの流れは、NOAHとの協業とか、全日本プロレスとの対決とか、そういった内需指向ですよ。AEWと協業しても、日本のお客さんついてこないでしょう。また、どうみても韓流スターにしかみえない新日本プロレスの選手、アメリカにあげても、なにも起こらないでしょう。


・順調に視聴者数を落とす


今週(2022/4/27)のDynamiteは、順調に視聴者数を落とし、921,000人でした。

参考:AEW Dynamite ratings down, ranks fourth on cable

ただ、NBAのプレイオフが裏番組でやっているみたいですし・・・

WWEも現在、おなじくらいボロボロですから、驚かないですね。アンチ魂は満たされないです。

70万人台になって、ようやく激注目、というところでしょうか。


・本題


さて、本題です。

今年(2022年)の4月8日、AEWを放送しているTBS(TNT)の親会社ワーナーブラザーズが、あのディスカバリーチャンネルと合併しました(ターナーだったり、ワーナーだったりするんですが、そこは割愛します)↓

参考:Warner Bros. Discovery(Wikipedia英語)

この↑名称にあるとおり、誕生したのはワーナーディスカバリーという、なんの工夫もない名前の会社です。

これ、AEWにとって、より大きなプラットフォームがあたえられるようで、プラスにみえますよね・・・

でも、そうじゃないんです。


・ディスカバリーチャンネル


TNT(TBS)が経営統合したのは、あのディスカバリーチャンネルです・・・

Gold Rush

Deadliest Catch

MAN vs. WILD

これら↑の”どこがスゲーのかわからない。NHKに毛が生えたようなもんじゃないの?いや、でも、アメリカではスッゲー人気”のリアリティショーを連発しているTV界の巨人こそ、ディスカバリーチャンネルなのです。

そのリアリティーショーの大御所、ディスカバリーチャンネルが、どうやら、プロレスのような台本アリの番組(Scripted Programming)を毛嫌いしているようなんですね↓

参考:Warner Bros. Discovery Cuts Scripted Programming Development at TBS, TNT (EXCLUSIVE)

参考:AEW’s future is uncertain with WarnerMedia making ‘hundreds of millions of dollars’ in budget cuts

いわゆるバジェットカット(Budget Cut=予算削減)というヤツです。

“もうAEWなんかに放映料たくさん払わないからね(Rampageあたりから店じまいして!)・・・byワーナーディスカバリー”という可能性が出てきたわけです。


・いやいやディスカバリーの番組だって・・・


ぶっちゃけ、ディスカバリーチャンネルの番組も充分ヤラセなんですが・・・

ヤラセっぷりがちがう、ということでしょう。

いますぐに、という話ではないですが長期的にみて、トニーカーンの首を絞めることになるだろう・・・とメディアでは予測されています。

・・・まあ、CMパンクあたりは、もう数字とれなくなってきているから・・・

次のDouble Or Nothingでハングマンペイジからベルト取らなかったら・・・もうお払い箱なんじゃないか、って私はおもっています↓

参考:CM Punk vs. Hangman Page World title match set for AEW Double or Nothing

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m