CMパンクメインで視聴者数低下(2022/2/2 AEW Dynamite)

メインは
CMパンクvs.MJF
という旬のカードだった。
CMパンクは、
なんか左ヒザ負傷してたっぽいが。
(出典:AEW)

こんにちは、ヤマガタです。

ブライアンケンドリックがやらかした回のAEW Dynamiteですね。

その日のカードは↓以下の通りでした。

1. Jon Moxley defeated Wheeler YUTA (w/ Orange Cassidy & Danhausen)

2. Kings of the Black Throne (Malakai Black & Brody King) defeated Death Triangle (PAC & Penta El Zero Miedo) (w/ Alex Abrahantes)

3. Nyla Rose (w/ Vickie Guerrero) defeated Ruby Soho

4. MJF defeated CM Punk

赤色が大体、ドル箱選手ですね。

こう見ると、スキのない良いショーに見えますが・・・

ガクンと視聴者数が落ちました。

参考:AEW Dynamite draws lowest ratings since move to TBS

まあ、95万人で、まだまだ我々アンチとしては満足いく水準ではないです。

我々アンチとしては、80万人当然、あわよくば70万人でNXT 2.oとどっこいどっこい・・・というのが目標ですから。

(以下、画像出典はAEWです。)


・旬のカードだった


トップ画像で
ワードロウ(Wardlow)がCMパンクに絡んでいるところから・・・
振り向きざまに(金的を通常食らわせるようなタイミングで)
MJFが、グーパンチをする(実際は右ひじで頭をかすめたみたいな感じ)。
→そのままCMパンクがダウン
→スリーカウント。
→MJFの勝ちで、CMパンク初黒星。

ただ、我々(って1人=私だけなんですが)アンチとしては収穫として・・・

今回AEWが旬のカードで敗北した(視聴者数ふるわなかった)、ということです。

MJFという選手は、ジョンモクスリーコーディとも絡んだ選手で・・・

WWEも目をつけている、というウワサがあります↓

参考:WWE Reportedly Very Interested In Signing AEW’s MJF

その旬のMJFと、AEWの中心CMパンクですから・・・

・・・当然、120万人台に乗せるのも視野に入れていたとおもいます(AEWが)。

しかし、フタを開ければ、視聴率急降下。

べつにTNT→TBSへの放送枠以降、というのは変わりになってません。ワーナー傘下のケーブル枠ってそれだけです。

・・・で、どんなもんだったか、CMパンク vs. MJFみてみたんですが・・・

ま~ながい。

40分くらいの試合。

で、CMパンク自身は、試合面白くないじゃないですか。WWEで見ていたひとならわかるとおり。

CMパンクは自己プロモのひとなので・・・

で、MJFもマイクのひとなんですよ。

そんな2人がダラダラ試合しているだけなんで、見るに堪えない、というのが正直な感想でした。

いまのところ、AEWで試合で見せられる選手って、オメガとモクスリーくらいしか思いつかないんですが・・・

あと、PAC好きなんですけど(私が)、評価はされてないですよね・・・・

なんか、ちょっと気を抜くと二流番組みせられている気になるのが、いまのAEWの雰囲気でした。

私は、やっぱり新日本プロレスがアメリカでブレイクするのを見てみたいです。

飯伏幸太とオカダカズチカは、きちんと宣伝すれば集客になるとおもう(アメリカで)。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m