【悲報】AEWの視聴者数伸びる(2022/2/10 Dynamite)

ぶっちゃけ、
サプライズ病は治ってないのだが・・・
(出典:AEW)

こんにちは、ヤマガタです。

AEWの視聴者数が、グンと伸びました↓

2022/2/11 およそ113万人

ちなみに、AEWの過去最高は140万人です↓

参考:【アンチ歓喜】AEWの視聴者数低下, でもImpactWrestlingよりマシ

今回は、トップ画像のキースリー“大型契約が発表されます!”と宣伝しておいたうえでの、視聴者数獲得でした。

ちなみに、キースリーは去年の11月にWWEを解雇になっています↓

参考:ひどすぎる・・・(#リリース, #大量解雇)

きれ~に競業禁止期間(3か月)を守っての移籍ですね。

(以下、画像出典はAEWです。)


・リトルWWEと言っても過言ではない


たしかに、こんな風に、
ポンとTVをつけたとき、
CMパンクが出ていたら、
手は止まるわな。

AEWは、かなりタレントを揃えていて・・・もう過剰状態になってますね。

ただ、そのほぼ全員がWWEのお下がりで、試合となると(やはりWWEを解雇されただけあって)、面白くない、というのが実情です。

それでもTV画面でのインパクトは、かなり大きい、というのは否定できず、パッと見のインパクトは、視聴者を止めておくのに充分でしょう。


・なにをやっているのかわからない、というのはある。


今回は
ジェイホワイトまで登場した。
ヤングバックスとアダムコールの
一味に加入。

ただ、サプライズ→サプライズ→・・・・・で視聴者数を底上げしているだけなので・・・

・・・いつか息切れするのは目に見えているのも確かです。

CMパンクで視聴者つなぎ止めておけなかったのは、潜在的に致命的だと、私はおもっています。

トニーカーンは、かなり視聴者数を気にしているようなので(メディアとかに煽られている)・・・

参考:AEW easily beat Raw in the key demo rating, because of course they did

・・・どこまでサプライズ続けるか?と問われれば、どこまでも!と答えるでしょう。

今回のキースリーも、来週には鮮度が落ちているとおもいます(というか絶対落ちています)。

これをどこまで続けるか?

そして入るだけ入って、使われないことにフラストレーションをためるレスラーの動きはどうなるか?

ひきつづきアンチ視線でみてゆきます。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m