エッジ vs. ロマンレインズ(2021/7/18 Money In The Bank)

いい試合だった。
(出典:WWE)

こんにちは、ヤマガタです。

現地時間(2021年)7月18日、テキサス州DikiesArena(キャパ14,000人=満員)で、MoneyInTheBankが開催されました。

男子ラダーマッチ→メインイベント(ロマンレインズ vs. エッジ)まで・・・

・・・流れは素晴らしく、私は控えめに言っても、メインは(WrestlingObserverでいう)5点満点だとおもったんですけど・・・

・・・どうでしょうかね。

逆に、これWrestlingObserverが、3.5点(5点満点)とか付けたら、もう客観性ないっておもっちゃうかなあ・・・

Cagematchだと・・・

ショー(MoneyInTheBank)そのものは・・・8.6

メイン(エッジ vs. ロマンレインズ)は・・・7.37

10点満点です。

得点は、Cagematchの特徴として、”ファン投票”なので時々刻々と変化することを、ご了承ください。

ショー自体への評価は、かなり高いです(どのサイトでもWWEは叩かれるから、7点乗れば、いい方)。

う~ん、メインの評価下がるのは、Cagematchの場合、ロマンレインズへのアンチが根強く存在するからでしょうね。

私はヒールターンして、登場曲も変わった、いまのロマンレインズは、とてもいいとおもってます。

ヒールになってからこそ、観客とコミュニケーションを取れるようになったし・・・

WWEも、ロマンレインズが嫌われているの、わざわざ隠さなくて済むようになりましたもんね・・・


・ロマンレインズが勝った


セスロリンズのDistraction(介入)
→スピア!
→フォール。

試合は、非常によい組み立てだとおもいました。

最初はリング内できっちり勝負(すこしdragging=もったりしている)

終盤にかけて場外が入って荒れる

見せ場(トップ画像のようなレッスルマニアから続く象徴的な動き)

介入(ジ・ウーソーズが介入しようとして、ミステリオ親子に妨害される。その後セスロリンズが介入して、ロマンレインズを助けたかたちになる)

ひとつの焦点だったスピア合戦で、ロマンレインズが制して勝利(上掲画像)

・・・と、きれいに30分に納めてきた、という感じでした。

文句ないかな。

セスロリンズの介入での、ロマンレインズとの関係は、よくわかんないんですが(シールド再結成?)・・・

・・・本試合に限っていえば、これでサマースラムは、エッジ vs. セスロリンズで行くとおもいます。

ロマンレインズは、ヒールでもスーパーマンパンチするんですね。

・・・ただし、今回は(スーパーマンパンチに)エッジがカウンターでスピアを合せ、観客を盛り上げていました。

でも最後は、ロマンレインズのスピアが勝って、スリーカウント・・・という結末でした(上掲画像)。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m