RIZINは世界から注目されていない

堀口恭司のBellator再契約は、
海外でも少しだけ報道された。
「ベラトールが堀口恭司を受け入れたのは甘やかしか?」
出典:MMAJunkie

こんばんは、山田です。

RIZIN.30が(2021年)9月19日、さいたまスーパーアリーナで開催されました。

参考:2021 in Rizin Fighting Federation(Wikipedia 英語)


・報道した海外メディアはナシ


今回、私(山田)が注目していたのは、海外メディアが、本イベント(RIZIN.30)に、どう反応したか、ということでした。

以前の記事で取りあげた代表的メディアの動向をみてみましょう。

MMA Jankie →記事ナシ

SportskeedaのMMAコーナー →記事ナシ

CagesideseatsのMMAバージョン(MMA Mania) →記事ナシ

Fightful →記事ナシ

MMA Fighting →記事ナシ

・・・というわけで完全無視、ガン無視でした。


・ひと晩待った


ただ、運悪く、日本時間2021/9/19=アメリカ2021/9/18は、UFCとBellatorの興行がありました。

参考(Wikipedia英語)

UFC Fight Night: Smith vs. Spann(UFC on ESPN+ 50)

Bellator 266

なので、日本時間2021/9/19中は記事は出ないだろうな・・・とおもって、ひと晩待ったのですが・・・

・・・記事皆無でした。


・RIZINはチビッ子向けコンテンツに


興行上の問題から、榊原信行が、朝倉兄弟を勝たせるように、八百長気味の興行を仕掛けることは、今後避けられないでしょう。

・・・だって、ほかに人気者いないんだから。

そもそもランキングどころか、階級さえもはっきりしていないRIZINに競技性は皆無です。

そういったコンテンツに、PRIDEで目の肥えた大人が付いていくか・・・?

無理でしょう。

そしてMMAに競技性を求める海外メディアは、すでに、色白日本男子の出ているRIZINから興味を失いつつあります。

そうすると、おのずとRIZINは、中高生、大学生中心に向けた興行にならざるを得ないでしょう。

クレベルコイケのような本格志向の格闘家が、どこまで、それを相手にするか。

今後の動向が注目されます。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m