Van Paugam (3) : シカゴ日本文化芸術財団・日本文化会館は大丈夫か?

【P.S. March 9, 2022】
This site has been consecutively attacked
by Van Paugam’s fraudulent DCMA takedown request;
to make matters worse,
Twitter has removed the posts from this site
as Van Paugam has claimed.
【追記:2022年3月9日】
(Van Paugamは当サイトにおける彼の所業の告発を封じようと、
執拗にTwitterに虚偽申請を行っている。
アメリカのTwitter本社は、VanPaugamの虚偽申請を、
そのまま引き受け、当サイトの投稿を削除している。)

こんにちは、伊田です。

Van Paugamの違法性ー最近のファスト映画に近いもの、と取ってもらうのがよいでしょうーについて追及しています。

Van Paugam (1) : Copyright Infringement

Van Paugam (2) : Fake Closure

Van Paugamは一旦雲隠れしました。

今回は、彼の活動に焦点を合わせて論じてゆきたいとおもいます。


・偽善


Van Paugamは、
違法性の指摘がされたことから、
Bandcampでの販売も、
いったん”終了”している。

さて、今回・・・2019年からですから2年ぶりくらいでしょうが・・・ふたたびVanPaugamがネット上(YouTube)上で違法行為を再開したわけですが・・・

そのとき、VanPaugamが使った詭弁が、”ああ、そういえば、この男、こういうロジックを使うヤツだったな”とおもわれ、興味深かったです。

上掲画像のBandcamp販売サイト(現在はVanPaugamが証拠隠滅のために削除している)なんですが↓こんな風に書かれていました。

収益は、アムネスティインターネットに寄付されます。

Proceeds from tape to be donated to Amnesty International: Grassroots Action. Stand Up For Human Rights.

ウソつけ!

ちなみに、アムネスティインターナショナル(Amnesty International)については、下記をどうぞ↓

公益社団法人 アムネスティ・インターナショナル日本


・関連日本団体はイイのか?


編集部注:VanPaugamからの虚偽申請対策のため省略

日本文化センター(Japanese Culture Center)
ホームページ

問題なのは、このVanPaugamは、すでにシカゴで”日本文化のよき理解者”として公的活動に携わっていることです↓

Van Paugamホームページ

Van Paugamは、すでに、シカゴ日本芸術財団シカゴ日本文化会館のおいて、シカゴにおける日本文化普及に尽力している。

Van works with the Japanese Arts Foundation of Chicago, and Japanese Culture Center of Chicago to help promote the ideals, philosophies, and aesthetics of The Land of the Rising Sun within the city and beyond having performed at various anime conventions, festivals, and music venues.

シカゴ日本芸術財団ならびにシカゴ日本文化会館のホームページは↓こちら。

日本芸術財団

日本文化会館

手っ取り早くいえば、オモテ(日本の公共団体に関係している)、ウラ(日本のCD音源を使い違法に収益をあげている)・・・

・・・この二面性がVan Paugamには、あるわけです。

とうぜんウラが本当の顔なのは、彼が一時期YouTubeセレブリティだったことをかんがえれば自明でしょう。

・・・・・

それでは今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m