ビッグキャスつづき(2021/7/8 ImpactWrestling)

ジョバーのみなさんと
ともに。
(出典:ImpactWrestling)

こんばんは、ヤマガタです。

結構、プロレスの大きな興行が夏に向けて詰まっています。

ImpactWrestlingは、(2021年)7月17日に、スラミバーサリー(Slammiversary)ですね。

ImpactWrestling最大興行です。

・・・ただ、無観客みたいです。


・ビッグキャス


ビッグキャスが、Wモリッシーとして、ImpactWrestlingで頑張っていることは、この記事でお伝えしました。

それが、どういうわけか、小島聡に絡んで・・・どうなったんだ?

・・・という話ですが・・・。

結局、エディエドワーズとの抗争に発展させたみたいです。

というわけで、スラミバーサリーでは、ビッグキャス(Wモリッシー)vs. エディエドワーズ。

その試合に向け、今回、ビッグキャス(Wモリッシー)が、トップ画像のような状況で、パフォーマンスしました。

まず、マイクがこちら↓

ビッグキャス「おい!エディエドワーズ!」

ビッグキャス「おまえは、いま病院のベッドで、これを聞いているだろうな!」(←先週からのアングル。エディエドワーズは一度も出ていない)

ビッグキャス「ああ、聞いたよ。オマエ、おれに挑戦したいんだってな!」(←そんなことは一度も言ってない)

ビッグキャス「了解だ!スラミバーサリーで相手になってやる!」(←全部ビッグキャスの一人芝居)

ビッグキャス「今日は、そこにいるヤツラを生贄にして、オマエがスラミバーサリーでどうなるか、みせてやる!」(=トップ画像)

・・・なんか、ビッグキャスは、いま、ひたすら芸を磨いている・・・という印象です。

ImpactWrestlingからWWEに戻るときに、移籍金とか払われるんですかね?


・ジョバー戦


勝ち名乗りをあげる
ビッグキャス
(Wモリッシー)。

というわけで、ジョバー3人に、ビッグキャスが暴れて勝利した、という試合でした。

ビッグキャスはね~・・・

✔ やっぱり、えんぞ~(エンツォアモーレ)なき後でも、個性をだせるマイクをしたい。怒ってばっかじゃダメ。

✔ まだレスリングがみえてこない。チョークスラムや、パワーボムや、体当たりで暴れるだけ。

・・・この二点ですかね。

ただ、つり合いのとれる相手がWWEにしか居ないので、どうしようもない、というところもあります。

そんな遠くない未来に、WWEに呼び戻されるんじゃないかな。

とにかくイケメンなので。

そこに、なにかプラスアルファのキャラでしょうね。

試行錯誤の日々が続いているとおもいます。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m