トフィックムサエフがベラトールに!

ホベルト・サトシ・ソウザ(Roberto Satoshi Souza)
身長180cm, 体重70.9,
ブラジル出身, 32歳, ボンサイ柔術.
vs.
トフィック・ムサエフ(Tofiq Musayev)
身長178cm, 70.45kg,
アゼルバイジャン出身, 32歳, 空手とかレスリングとか.
(出典:RIZIN)

こんにちは、山田です。

RIZINライト級トーナメントを制したトフィックムサエフのベラトール移籍が決定しました。

参考:Bellator signs former Rizin FF grand prix winner Tofiq Musayev

本件を聞いて、ぼんやり私がおもったのは・・・

・・・ああ、RIZINは、もしかしてBellatorの下部組織、というか二軍になってゆくかも知れないな・・・ということでした。

そういったこともふまえ、今回は、現王者ホベルトサトシソウザの腕前をみるのも兼ね、RIZIN.28のライト級王座決定戦(2021/6/13)を見てみたいとおもいます。

会場は、東京ドーム。

観客動員数は、コロナ禍でしがた、9,317人入りました。

(以下、画像出典はRIZINです。)


・ピットブルに勝っている


セコンドに居るのが、パトリシオ(弟)。
選手として手前にいるのが、
パトリッキー(兄)。
たぶん。

ちなみに、トフィックムサエフは、あのピットブルに勝っています(上掲画像)。

ピットブルって言っても、AJマッキーと戦ったパトリシオ(弟)じゃなくて・・・

パトリッキー(兄)のほうね・・・。

この兄弟ほんとうに苦手。

RIZIN.20(2019/12/31)ですね。この日はワンデイで2回戦やってみたいですが、べつにそこでピットブルが消耗した・・・という記録はないです。

参考:RIZIN.20(Wikipedia日本語)

試合は、ほぼスタンディングのボクシング中心でした。

判定勝ち(ユナニマス)だったみたいです。


・ホベルトサトシソウザの強さが光った


試合開始後すぐ、
三角締めで勝利。
トフィックムサエフは、
なにもできなかった。
初代ライト級王者決定。

・・・・で、肝心の技量なんですが・・・

ホベルトサトシソウザ戦では、まったくわかりませんでした。

ホベルトサトシソウザが強すぎたんですね(上掲画像)。

なので、本試合をみて逆に思ったのは、ホベルトサトシソウザがUFCに取られるんじゃないか・・・ということでした。

でもUFC黄金のライト級だ、ってのが唯一RIZINの救いなんでしょう。つまり、ウチは間に合っているよ!というのが現在のUFCの回答だとおもいます。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m