ヴォルコフ vs. ローゼンストライク(UFC Fight Night 207)

アレクサンダーヴォルコフ(Alexander Volkov)
身長201cm, 体重119kg.
ロシア出身, 空手(Tsu Shin Genという謎の流派),
ヘビー級7位, 33歳.
vs.
ジャルジーニョローゼンストライク(Jairzinho Rozenstruik)
身長188cm, 体重117kg.
スリナムという南アフリカの国出身, キックボクシング出身.
ヘビー級8位, 34歳.

こんばんは、山田です。

下位放送のFight Nightで、ヘビー級バウトが行われました。

最近、負けてばっかりのヴォルコフです。

参考:アレクサンダーヴォルコフ vs. シリルガン(2021/6/26 UFC ON ESPN+)

参考:ヴォルコフ vs. アスピナル(UFC Fight Night 204)

アスピナルに負けたのは痛かった。

今回、デリックルイスと区別がつかない(いやつくよ)ローゼンストライクと対戦しました。

(以下、画像出典はUFCです。)


・Early Stoppage


結果的には、
ヴォルコフの、この右で
ハーブディーン(主審Herb Dean)が止めた。

ヴォルコフに、いい気合いが入ってましたね。

相手がキックボクサーで噛み合う相手だし(ヴォルコフは空手)・・・

今回は落とせない、という強い気持ちがあったのでしょう。

静かなUFC APEXで、ヴォルコフの掛け声(パンチやキックを出すときの”ハイ!”とか”ウォ!”とかいう掛け声)だけが鳴り響きます。

試合は1R序盤から中盤にかけて、激しく動きました。

まずローゼンストライクのパンチがヴォルコフに入ります。

しかし、そこはヴォルコフが踏ん張り・・・

切り返しで攻撃し返したところ、右が入りました(上掲画像)。

それがローゼンストライクに効いた。

効いたんだけど、ローゼンストライクがヴォルコフのラッシュを受けながら、背中を向けるみたいな逃げ方したんです。

それを主審のハーブディーンが戦意喪失とみなし、TKOにしました。

結果はヴォルコフの勝利。

疑惑の判定でした。

ローゼンストライクは首を振って納得いかない感じでしたね。

総合格闘技は、とにかく危ないので、ここら辺の線引きが非常に重要です。

一時期のK-1で角田 信朗(のぶあき)が潰れるまで戦わせたことなど・・・

参考:レフェリングに対する批判(Wikipedia角田信明)

審判の裁量が一番発揮されるところですね。

今回のハーブディーンは結果論で、ローゼンストライクの不満は残りましたが・・・

それはファイターの見せ方の責任もあるとおもう。

難しい問題です。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m