All-in-One WP Migrationで二度目のサーバー引っ越し

こんばんは、比企です。

ロリポップのWordPress簡単引っ越しは、サブドメインをつくり、そこに引っ越しさせたいときには使えませんでした。

こういうとき、サポート担当者のひとが言うことは、おそろしく”知っとるわ!”というところに収束します。

本問題の場合は、All-in-One WP Migrationというプラグインが解決策でした。


・一度目の引っ越しのノウハウが活きた


さくらのレンタルサーバーによると、
もう(1カ月ちょっとしか運営していないのに)
使用容量 970MBとか言っている!
ウソだろ!?
(下のAll-in-One WP Migrationの画像につづく)

All-in-One WP Migrationに限っていえば、一度目の引っ越しのノウハウが活きました。

参考:2021年度版サイト引っ越し手順(WordPress)

参考:2021年度版All-in-One WP Migrationインポート容量制限解決策

これらの↑記事の All-in-One WP Migration に関するくだりだけ、読んでください。


・元サイトからデータをエクスポートするのは余裕だった


な~んだ、
396MBじゃん・・・。

引っ越し元サイトのungrer.comで、サイトの基本は構築できていたので、今回は、純粋にデータ引っ越しだけ考えればよいです。

しかし、All-in-One WP Migrationは、改悪されて、データ制限があったのでした。

500MBでした。

さくらのレンタルサーバーで確認すると、以前299MBだったものが、970MBに跳ね上がっています!

マジか・・・?

データ消しまくらなきゃなのか!?

・・・とおもったんですが、結局、正確な容量は、All-in-One WP Migrationにエクスポートさせてみればわかります。

上掲画像のとおり、396MBでした。


・問題はWordPress簡単インストールだった


ちなみに、
WordPressプラグインで、
使用容量を教えてくれる・・・
と評判ある
My Simple Space
は、この画像のとおり、
まったく何を言っているか分からず
まったく役に立たない。

というわけで、引っ越し元サイト(ungrer.com)からのデータのエクスポートは簡単に終わりました。

あとは、これをサブドメインにアップロードするだけ、なんですが・・・

① サブドメインをつくる(簡単。ロリポップこの記事参照←ちょっと舌足らずなので、チャットサポートを受けながらやるのがベストです)

② そのサブドメインに、新しいWordPressをインストール

③ そこ(サブドメインのWordPress)に、All-in-One WP Migrationでエクスポートしたデータを、インポートする。

・・・このうち、②で引っかかりました。

つづきます。