鈴木みのるがROH TV世界王者に!(2022/4/1 Supercard of Honor XV)

ゴッチ式パイルドライバー!
(出典:ROH)

こんばんは、ヤマガタです。

のろのろとすこし過去の出来事追ってみたいとおもいます。

トニーカーン体制になってからのROH・・・気になりますよね。

参考:トニーカーンがROHのオーナーになる(2022/3/2 Dynamite)

ちょうどレッスルマニアウィークで”折あしく”だったのですが(というかインディーは、この時期に狙って、レッスルマニア界隈で興行を集中させるから”折よく”なのだろうが)・・・

ROHのSupercard of Honorが、テキサス州ダラスのCurtis Culwell Center(キャパ6,860人)というところで開催されました。

入りは・・・2,000人行けばいいとこ、という感じだったかな(トップ画像も参照)。

ちなみに、これは実質的にROHの休業期間後、ほぼ初興行となります(くわしいところはよくわからないが、4月1日なので大体OK)。

参考:ROH崩壊か?

(以下、画像出典はROHです。)


・鈴木みのるがTVチャンピオンに!


これが解説陣.
Ian Riccaboniと,
Caprice Coleman.
以前みたいに浮いたテーブルのような解説席はなくなり、
また以前居た、なぞの美人おねーさんも消えた。

ROH復帰という門出の興行で、日本からは、鈴木みのるが参戦し、リットタイタスとTV王者をかけて戦いました。

ROH TV王座ってのは、くっしー(KUSHIDA)も獲ったヤツですよね。

リットタイタス(Rhett Titus)は、いい選手ですね。家族のために勝ってやる!みたいなこと言う選手です。パンツ脱げてモザイクかかった試合みたことあります(←ひとこと多いんだよな・・・)。

試合は、6分ほどで、鈴木みのるがトップ画像のゴッチ式パイルドライバーでスリーカウント、TV王座奪取しました。

会場のウケは、マニアが喜んで、ほかは?(ハテナ)みたいな感じでした(トップ画像)。

でも今、鈴木みのるが海外で一番知られているレスラーなんじゃないんですか?(WWE組はのぞく)

そのくらいあっちこっちに出ています。

このTV王座、どうするかわからないですけど、ひきつづき鈴木みのるの海外進出はつづきそうですね。

新生ROHですが、たしかに演出はROHです(チタントロンが途切れなくつづくところとか)。

でもカメラアングルみると、やっぱりAEWです・・・。

そんな感じでした。

ルーシュの動きが気になります。

ひきつづき追ってみたいとおもいます。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m