ブレイズ vs. ドーカス(UFC Fight Night 205)

カーティスブレイズ/ブレイデス(Curtis Blaydes)
身長193cm, 体重118kg
アメリカ出身, 31歳.
ブラジリアン柔術青帯.
ヘビー級4位.
vs.
クリスドーカス(Chris Daukaus)
身長191cm, 107kg
アメリカ出身, 32歳.
ブラジリアン柔術黒帯.
ヘビー級9位.
(出典:UFC,
こういう風にODDS先にみせてくれると助かる。)

こんにちは、山田です。

UFCもライブオーディエンスに戻したみたいですね。

今回(現地時間2022/3/26)、オハイオ州コロンブス市のNationwide Arena(キャパ20,000人)のところで、下位放送のFightNight興業が行われました。

まあ、下位ですけど、下位じゃない、みたいになってますね。

バリバリ会場満員で盛り上がってました。

メインはヘビー級でした。

やっぱり、UFCは、ここ(ヘビー級)を育てたいんじゃないかな・・・

(以下、画像出典はUFCです。)


・ブレイズ(ブレイデス)が勝った


ドーカスが左!右!と
ワンツーを仕掛けたところ、
右のストレートの間合いで、
ブレイズのフック気味の右がドカン!
とカウンターで入った。

1Rはクソでした(失礼)。

互いに様子見しながら、ボクシングのみ。

シ~ン・・・とした感じで、会場からも微(かす)かにブーイングが・・・

でも、昨日のOneChampionshipみてから余計そうおもうんですけど、こういうとき、審判介入すべきじゃないね。

RIZIN系の和田レフェリーもそうなんですが・・・

選手を急(せ)き立てるのは、会場のノリに任せればいいとおもう。

度が過ぎたら、そこでようやく審判介入するくらいがいいでしょう。(←えらそうだな)

で、肝心の試合ですが、それでも1R地味ながら動きはあって、ドーカスが左目じりを切り、さらにブレイズの親指がアイポークしました。

それで心が折れたことは決してなかったでしょうが・・・

2R始まったら、一瞬で試合が決まりました(上掲画像)。

2R開始30秒以内。

ここでようやくブレイズが感情を爆発させた感じ。

それまでは、ヘビー級の牛のような雰囲気が出ていて、盛り上がりに欠ける試合でした。

だれか、なにか、マクレガー的なカリスマが出てくる必要があるでしょうね。

いまのところ、ヘビー級は”気は優しくて力持ち”を地で行っています。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m