ロンダラウジーの試合(2022/2/19 EliminationChamber)

いつものモジモジ君。
(出典:WWE)

こんにちは、ヤマガタです。

エリミネーションチェンバーのつづきです。

ロマンレインズ vs. ゴールドバーグ(2020/2/19 Elimination Chamber)

男子エリミネーションチェンバーマッチ(2022/2/18 Elimination Chamber)

ロイヤルランブルで復活・優勝したロンダラウジーの試合ですね。

(以下、画像出典はWWEです。)


・ロンダラウジーの問題


ちなみに、WWEファン(WWE”ユニバース”といわないとアナウンサーはクビになる)のあいだでのロンダラウジーの不評は、ずいぶん昔からありますし・・・

さいきんロンダラウジーが復活してからマイクをするようになってからも、その問題が再燃しました↓

Ronda Rousey admits she has a hard time not taking fan reaction personally

WWE Reportedly Had A Talk With Ronda Rousey Following RAW Promo

一応、そういう問題がくすぶっている、ということだけ知ってもらえれば、とおもいます。


・ロンダラウジー組が勝った


腕ひしぎで
ロンダラウジーが
ソニヤデビルからギブアップ勝ち。

ロンダラウジーは、すでにロイヤルランブル優勝をしてシャーロットに挑戦が決まっています。これがSmackDown側のレッスルマニア向けのストーリー。

もうひとつ、RAW側は、ベッキーリンチとビアンカベレアでやるみたいです。今回、女子エリミネーションチェンバーマッチでビアンカベレアが優勝しました。・・・なんか、こっちはパッとしないですね。ASUKAのリターンくらいは、ほしい。

ちなみに、ASUKAのリターンについては↓ベイリーとセットで論じられることが多いです。

WWE Return Notes On Asuka And Other Women’s Division Stars

もしかしたら、さえないベッキーリンチ vs. ビアンカベレアに、サプライズとしてASUKAが介入するかも。

ASUKA自体はテキトーにアイコラつくって↓いつも生存報告してますよね。

ASUKAツイッター

外人熟女と違って、見た目が若いため、まだTVで使われるとおもいます(ASUKAが)。

なんといっても、里村明衣子がNXT UKで健在(女子王座)ですしね。

・・・ただ、ASUKAは、あのコテコテの大阪ギャグというか、うごき止めた方がいいとおもう。もっと、どっかと構えていいんじゃないかな、里村先生みたいに。

・・・んで、ロンダラウジーですが、なんかしらんが右腕縛って柔道着で出てました。

イスラム圏なので、女性陣は肌だせません。それでも頭髪だせるようになったのは大きな前進。

んで、そのモジモジ君みたいな、からだのラインが出て余計やらしいわ、みたいな格好で・・・

ロンダラウジー&ナオミ

vs.

シャーロット&ソニヤデビル

・・・のタッグマッチが行われました。

試合は最後、ソニヤデビルがロンダラウジーに技かけられているところ・・・

シャーロットが、いいよ!もう勝手に仕留めちゃって!みたいに試合放棄して、そのままソニヤデビルがギブアップしました(上掲画像)。

う~ん、ソニヤデビルって、こういうザコキャラ扱いになるのだろうか。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m