オリベイラ vs. ポリエ(UFC 269)

チャールズオリベイラ(Charles Oliveira)
UFC黄金のライト級王者.
ブラジル出身, ブラジリアン柔術, 32歳.
身長178cm, 体重70kg.
vs.
ダスティンポリエ(Dustin Poirier)
ライト級1位.
アメリカ出身, ブラジリアン柔術, 32歳.
身長175cm, 体重70kg.
(出典:UFC)

こんばんは、山田です。

UFC269興行が、いつものラスベガスTモバイルアリーナーキャパ1万人で満員でしょう―で開催されました。

メインはマクレガーもいる黄金のライト級タイトルマッチでした。

ポリエは、アメリカントップチーム(堀口恭司もいる名門というかジムですよね?)の象徴・・・

・・・みたいに私の頭のなかでは、なっているいるんですが・・・

勝ったところみたことないですね↓

ハビブ vs. マクレガーその後(UFC 236)

ハビブvs.ポリエ(2019/9/7 UFC 242)

マクレガーvs.ポリエ(UFC 257)

あ、でも暫定王者になっているのか。マックスホロウェイに勝って・・・。

つーか、最近マクレガーに完全勝利したのって(チェックキック)、ポリエですよね。

ああ、強いですね。前言撤回。

ハビブが強すぎたので(ライト級)、他の選手が、みんなかすんでるんですよね・・・

みんなそうだとおもいます。

今回は、だから、ポリエも自信満々だったんじゃないかなあ・・・

(以下、画像出典はUFCです。)


・ポリエは行ける!とおもったはず


1R, ポリエは, 
このストレートで, 
オリベイラからダウンを奪う!
(でもMMAなのでダウンは関係ない)

1R・・・ポリエは絶好調でした。

ストレートが独特の間合いを外すような感じで、オリベイラにポンポン当たります。

RIZINみたいに開始早々のドタバタ劇がないところが、私はUFCなど海外MMAの好きな所なんですが・・・

まさしく、そんな感じで・・・

力抜いているけれども、手は休めず・・・みたいに、かなりハードな1Rが繰り広げられます。

ペースを握ったのはポリエで、パンチがとにかく好調(上掲画像)。

しかしオリベイラも、前蹴りをみぞおちに入れたりする独特の動きで、ポリエを牽制します。


・柔術


クモというより、
寄生虫のようにみえた。
この背後からの裸締め
(リアネイキッドチョーク)で、
オリベイラが3R早々勝利を決める。

しかし、勝敗を決めたのは国民性のような気がします。

この前の堀口恭司のときのような紳士っぷりのかけらもなく・・・

2R, 柔術に持ち込んでからのオリベイラが、えげつない・・・。

サミングすれすれのような眼球攻撃(グラウンド)・・・

すこし離れてから来るヒジ・・・

アゴでグリグリ・・・

たぶん、ヨダレでも汗でも口臭でも・・・なんでも使えるものは使っていたのではないでしょうか。

それが2~3分続いた2Rで、紳士ポリエは、心からポキッと折れたようにみえました。

その嫌な流れのまま、3R・・・オリベイラが、たっぷり恐怖感をあたえた柔術を再開し・・・

そのまま勝ちました(上掲画像)。

もう、このひとはブーイングされようがなにされようが、グラウンド続けるだろうな、とおもいました。

すごかったです。

これがUFC黄金のライト級トップ戦線でした。

ちなみに、オリベイラは、ハビブとやってないみたいですね。

マクレガーともやってないみたい。

どっから湧いて出てきたんですか?

あ、ちなみに普段は、とても紳士のようです。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m